[声優]松来未祐さんが好きな人にプレイしてもらいたい「Missing Blue」というゲームについて

2017年3月10日

子供の頃から大好きだった松来未祐さんがお亡くなりになって最初に思ったこと

「みゆみゆのばーか。 大好きよ! ずっと!」 声優・松来未祐さんの早過ぎる死、声優ら悲しみの声

私は松来未祐さんが大好きでした。

そのきっかけとなったのが2001年にトンキンハウス(教科書で有名な「東京書籍」のゲーム部門)から発売された「Missing Blue」というゲームで「璃月沙夜という実質メインヒロインのキャラクター」を演じておられました。一見儚げな女の子なんですが、芯は強い女の子で、(ネタバレになるので深くは書きませんが)「絵に描いたような理想の幼馴染」と言えるキャラクターです。

Missing Blue(通常版)

もう一人の対となるヒロインであるところの春日瑞希(CV友永朱音=青山ゆかり)と共に物語を牽引していくのですが、どんな結末を迎えても決して幸せになれないという運命を抱えた女の子でもあります。いわゆるギャルゲーの中でも「璃月沙夜」はトラウマもののヒロインの一人で、私自身(若かったこともあって)思考のるつぼに陥ったことを覚えています。すっごい可愛いんですけどね。

まー、松来さんの演技自体は正直まだまだで、「素人が読んでいるんじゃなかろうか?」と思う時もあったのですが、「むしろそこが良くて、声が良いだけに耳に残る」というか、そんな不思議な演技でした。案の定というか、公式の人気投票でもぶっちぎりの1位で、2位の「神瞳かりん」や3位の「春日瑞希」などと一緒に雑誌などでよく見かけた記憶があります。

白状すると、「二次元の女の子に恋をする」という経験を初めてしたのがこの「璃月沙夜」というヒロインで、最近では「化物語」などで知られる渡辺明夫さんの魅力的なキャラクターデザインと退廃的なシナリオ、そして松来未祐さんの珠玉の演技が相まって「究極の幼馴染系ヒロイン」と、今でも信じて疑いません。

だからこそ、今、このゲームを皆さんに勧めなきゃいけないなと感じました。

 

「ギャグ担当の松来未祐さん」という風潮に異を唱えてみる

思えば、20代の頃の松来さんが演じたキャラクターはこの手の薄幸キャラクターが多かったなぁと思います。

翡翠(メルブラ)、鷺澤頼子(DC)、羽佐間翔子(ファフナー)、岸田智(WWish)、御咲キサ(鍵姫)、十条紫苑(おとぼく)、此花光莉(ストパニ)などなど。

「薄幸の美少女役がよく似合う」とでも言うのでしょうか、そんな何とも言えない雰囲気を湛えた方でした。

まー吉野家先生やメディアなど、笑顔が似合うキャラクターを演じることが多くなってきてからはどっちかというと芸人枠というか、ラジオで金田朋子さんとか櫻井孝宏さんとかと一緒にはっちゃけているイメージはありましたけどね(苦笑)だからか、最近アニメに興味を持った方とかは、それこそ「クー子」だとか、「アンナ先輩」だとか、あるいは「スズのお母さん」だとかアブノーマルな役のイメージの方が強いのかなと思います。

けれど、そういう人たちにこそ原初の松来未祐さんを見て欲しいのです。確かに変な役(失礼)も多い人だったけど、「こんなに素敵な正統派ヒロインだってやっていたんだよ!」って声を大にして言いたいわけですね。

 

…でも、テイルズオブゼスティリアのライラとかもはまり役で良かったなぁ…実質ヒロインはライラだって思ってたんだけど実際どうなんだろう…アニメ化も決定していただけに…もはやゼスティリアには絶望しかないのか…。

PS3 テイルズオブゼスティリア ゲームソフト単品

終わりに

私は「Missing Blue」、というより「璃月沙夜という女の子と声」にハマって以来、松来さんの出てくる作品は全部チェックするようになりました。

結果、

メルブラにハマって月姫厨(=中二病)になり、
ストパニ、おとぼくにハマって百合好きになり、
ハヤテのごとく!にハマってサンデー買うようになったりと、

青春時代の多くを松来未祐さんと共に過ごしてきた感じです。

 

もちろん、今思い返せば、です。

いやだって、本当に空気みたいにいつもそこにいる人でしたからね。

別に主役なんて殆どないわけです。

でも、脇役としているだけで作品や周囲に笑顔の花が咲く。

そんな人だったのかなと思います。

アカイイト

(主役…アカイイトとかぐらいでしょうか?…これは本当にトラウマものでしたけど…)

 

…いや本当に、これからアニメ版ゼスティリアだ、ひだまり新学年だって時に、本人にしても結婚だなんだって楽しいことや嬉しいことが待っていただろうに、本当に悲しいなって思いますし、残念だなって思います。でも、結局は前向きに生きていくしかないのかなって。

昨日は一日中松来さんのことを考えたり話したりしていたのですが、そんな結論になりました。それしかないですよね。自分は自分のできることをやっていけたら良いなって思います。ぜひに。

Anime, News, Subculture

Posted by NNdJ


PAGE TOP