[第三次スパロボZ天獄篇]1週間ほどかけてクリアしたので感想や攻略メモなどを書いてみる。

長い長いこのシリーズもようやっと終わりですね。

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

今さらって感じではあると思うんですが、実は連獄篇(初回特典DLC)だけやって2ヶ月間ほど放置してたんですよね(笑)

本編はプロローグの連戦で萎えちゃったというか(^^; まさかここまで先延ばしするとは思っていなかったけれど。

でもまぁ、なんとかクリアできたので感想や雑感などを書いていこうなと思います。

…にしても、作業する感覚でゲームするってのも、なんだかなぁ。

スポンサーリンク

主な使用機体(部隊)と撃墜数

※1〜15までが全員フル改造。(=レギュラー)
 16〜20までメインはフル改造、もしくは5段階まで改造しております。(=控え)

1.ヒイロ/ゼロカスタム 497機
  (プラーナコンバーター、テンションレイザー、スパイラルエフェクター)
  ゼクス/トールギスⅢ 83機
  (メガブースター、メガブースター)

2.カレン/紅蓮聖天八極式 279機
  (ハロ、DエクストラクターS、DECチャージャー)
  ランド/ガンレオン・マグナ 103機
  (チョバムアーマー、ブースター)

3.ヒビキ/ジェミニオン 254機
  (ダメージアベンジャー、破界の紋章、再世の紋章)
  宗介/レーバテイン 113機
  (メガブースター、SPゲッター、高性能レーダー)

4.セツコ/バルゴラ・グローリーS 203機
  (ゲインメーター、ゲートジャンパー、超次元ターゲットロック)
  クロウ/リ・ブラスタT 189機
  (メガブースター、ゴールドエンブレム、脊髄反射コネクタ)

5.アムロ/νガンダム 201機
  (プラチナエンブレム、ハロ、DGの牙)
  シャア/サザビー100機
  (メガブースター、オートディフェンサー)

6.レド/チェインバー 170機
  (脊髄反射コネクタ、高性能レーダー)
  アルト/YF-29デュランダルF・SP 108機
  (スナイパーキット、慣性制御システム)

7.シンジ/エヴァンゲリオン第13号機 157機
  (超合金Z、補助ISC、クエント製センサー)
  キリコ/ライト・スコープドッグ 141機
  (S-アダプター、慣性制御システム)

8.刹那/クワンタ 143機
  (脊髄反射コネクタ、ブースター、時獄の紋章)
  葵/ダンクーガ・ノヴァ 122機
  (チョバムアーマー、メガブースター)

9.ノノ/ダイバスター 138機
  (リヴァイヴ・セル、補助GNドライヴ、SOLクォーツ)
  ラルク/バスターマシン19号機 91機
  (メガブースター、メガブースター)

10.シモン/天元突破グレンラガン 129機
  (メガブースター、SOLアーマー)
   ノリコ/ガンバスター 121機
  (パラジウム・リアクター、娘娘名物まぐろマン)

11.ゼシカ/アクエリオン・スパーダ 124機
   アポロ/ソーラーアクエリオン 82機

12.甲児/マジンガーZ 123機
   竜馬/真・ゲッター 117機

13.バナージ/ガンダムUC 117機
   リディ/バンシィ 80機

14.ロラン/ターンA 116機
   ガロード/ガンダムX 110機

15.ゼロ/蜃気楼 113機
   C.C./ランスロット・フロンティア 53機

16.タケル/ゴッドマーズ 104機
   グラハム/ブレイブ 94機

17.バサラ/VF-19改Fバルキリー 101機
   ガムリン/VF-22S SボーゲルⅡF 67機

18.アスカ/エヴァンゲリオン改2号機γ 95機
   マリ/鉄人28号 80機

19.ロジャー/ビッグ・オー 83機
   赤木/ダイ・ガード 51機

20.ワッ太/トライダー 81機
   勝平/ザンボット 80機

主な機体(トップファイブ)の使用感+ノノ

今回は撃墜数200オーヴァーのものが5機も出たので、これらを中心に解説していきたいと思います。
終盤「⚪︎⚪︎(ネタバレ)」という状態になるので、アムロやシャア、ガロードやロランなど、中途半端に攻撃力があったキャラクターが突然使い勝手が良くなった印象ですねぇ。まぁ、アムロ&シャアはプラチナエンブレムによるところも多いとは思いますが(苦笑)

1.ヒイロ・ゼロカスタム(497機)

MG 1/100 XXXG-00W0 ウィングガンダムゼロ (エンドレスワルツ版) (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
…序盤は「今回は弱いなぁ」って変に安心(?)してたんですけどね(過去形)

中盤になって一気に強化されて戻ってきたわけですよ。(分岐ルートが違ったので)

「仕方ないなぁ」とかいいつつ(ニヤニヤしながら)フル改造して、例によってマップ兵器連射してたら42、3話時点で撃墜数200オーバー。

あと、プラーナコンバーターをもたせていたこともあるんでしょうが、ガンガンPPも手に入るのでヒイロもメチャクチャ強くなりました。具体的には射撃に100振って、Eセーブ、Bセーブ、気力限界突破、ダッシュなども取得といった感じ。

そっからはまぁ、カレンやクロウ、セツコなどと組み合わせてマップ兵器三昧な日々でした。
最終的には、スコア500に届くかというレベルまで到達しましたしね。
(というか、したと思います。上記の撃墜数は61話終了時点のデータなので)

あと、地味に最大出力のツインバスターライフルの威力が高いので(特に終盤)、ボス戦でも十分戦力になります。

2.カレン・紅蓮聖天八極式(279機)

ROBOT魂[SIDE KMF] 紅蓮聖天八極式

前作に引き続いてかなり強いです。

良くも悪くも「リアル系とスーパー系のハイブリット」といった機体です。

高い移動力に加えて飛行能力、移動後に使用可能なマップ兵器を持っています。スーパー系並みの破壊力を持った「輻射波動機構」に加えて「熱血」ではなく「魂」持ちな点も良いですね。欠点はスーパー系ほど、高い攻撃力があるわけでもなく、リアル系ほど回避力があるわけでもないといったところぐらいでしょうか。

まぁ、控えにする理由は見当たらないですし、改造して損はないと思いますねぇ。

3.ヒビキ・ジェミニオン(254機)

どちらかというと、リアル系ではなく、スーパー系の機体です。
終盤、地味に当たって痛いです。鉄壁を覚えられれば良いんですけどね(苦笑)

ただ、その攻撃力は折り紙付きなので「対ボス戦用の機体」と言っても過言ではないでしょう。
使い勝手としては、「移動力があって、タッグボーナスが使えるグレンラガン」といった感じ。

実際、主人公ですし、フル改造は不可避だろうってことで最優先でフル改造しました。

ちなみに。

相棒は宗介の「レーバテイン」です。
フルメタル・パニック! ARX-8 レーバテイン (1/60スケール プラスチックキット)
ぶっちゃけこの機体、格好良いんだけど、使いどころがイマイチ分からないんですよね(苦笑)
それはもう機体仕様がユニコーン並に迷走している気がしますし…んー、まぁぶっちゃけそこそこ強いしフルメタ好きなので主人公と組ませているだけだったり。まぁ、アルに「加速」があるし、宗介も「集中+」あるしで相棒としてはそこそこ使えるとは思います。

4.セツコ・バルゴラ・グローリーS(203機)

PS2 スーパーロボット大戦Z ジグソーパズル セツコ・オハラ&バルゴラ 500ピース WonderGOO限定特典
セツコが好きだから愛で使っています(迫真)

…コホン。

使い勝手としても、そう悪くはないです。

中々使いどころが難しいですが、「一直線になっている敵目掛けてマルチアクションかけて突っ込み、周りの1チームを壊滅させて、その後マップ兵器を魂かけて発射」といった感じ(ながい)。

…まぁ、相棒のクロウと使い分けている感じですね。
実際、マップ兵器の範囲やエースボーナスの使いやすさは、クロウの方が断然良いですしね。

…それでもセツコを使う理由ですか?

愛ですよ、愛(謎)

5.アムロ・νガンダム(201機)

HGUC 1/144 RX-93 νガンダム (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

正直、そこまで優先して使ってはいなかったのですが、終盤にプラチナエンブレムを付けたあたりから一気に強くなりました。

あとまぁ、例の「⚪︎⚪︎」ですよ。

フィン・ファンネル一発で敵の部隊がハエのように落ちていくっていうのは良いですねぇ。
実際、エース・ボーナスもあってニュータイプ専用武器が全体的にかなり強くなります。

加えて、ラスボスだとか以外からはまず当たらないので、そういった点も良いですね。

ex.ノノ・ダイバスター(バスターマシン7号)

RIO:bone バスターマシン7号

移動力が低く、EN効率が悪いのが難ですが、それ以外は最強の機体だと思います。
まぁ、そういった些細な欠点は強化パーツで補えば良いのです。
バスターマシン19号(ディスヌフ)と合わせて、対ボス戦用として大活躍することでしょう。

他、削り要員としてはアクエリオンや、エヴァ、刹那などの「覚醒持ち」は殊の外優秀でした。
…実際、ラスボスは覚醒を使わないとほぼ倒すのは不可能だと思いますしねぇ。

感想

率直に言うと、大変疲れました。

攻略に1週間ほどかかったこともありますが、

ぶっちゃけ面白くは無かったです。

多分、オリジナル中心になってしまっているからでしょう。

αシリーズと比べて、(前作までに)シナリオを既に消化した作品を出しすぎだと思います。

実際、純粋に楽しめたのは「フルメタ(小説版)」「ガルガンティア」「トップをねらえ2!」「ユニコーン」「00(劇場版)の話ぐらいだったんじゃないでしょうか。他のシナリオはほぼオリジナル絡みだし。

んー、既存作品を用いたOGといったところですかね。

第三次αと比べると、全体的に良くないのかなと、思いますね。

まぁ、あれは何だかんだ言って「3部作+α外伝」だったわけですが、Zは5部作になってしまいました。5部作ともなればまぁ、シナリオに贅肉がついちゃうのもある程度仕方がなかったのかなと。

…うん、まぁ最近3DSを買ったので、そのうちUXをやってみようと思います。

スーパーロボット大戦UX

たまには連作じゃないのもやってみれば初心に帰れるのかなって(笑)


PAGE TOP