[やはり俺の青春ラブコメはまちがっている/感想]「俺ガイル11巻」を読みました。途中まで大変楽しく読ませていただきましたが晴乃さんが出てきたあたりから暗雲が立ち込めてきて…鬱いわ。

はじめに

朝、仕事サボって買いに行きました!
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫)

で、まぁ、お昼までに何とか読み終えて、そっから仕事へ(笑)

まぁ、あらかた予想通りの内容でした。

アニメ版と大体同じっていうか、ちょっとガッカリ。

でもまぁ、いろはすは十二分に可愛かったですし、ゆきのんも完全にデレのん(=八幡と結衣+いろはへの依存度MAX)になってるしでそれなりに楽しめました(たぶん、それが晴乃には気に入らないんだろうけど)

アマゾンでいうと星4つぐらいですかね。

ではまぁ、いつもどおり感想…というか、考察ですかね。などをつらつらと書いていこうかなと思います。

あらすじなんかは、アニメ(12話、13話)観ればあらかたわかります、とだけ述べておくにとどめておきます。

簡単なあらすじと感想(ネタバレあり)

基本はアニメ版12話の内容に肉付けしたようなイメージです

「やっぱアニメ版ってクソだったわ!」

…ってことが分かりやすく理解できた一作でしたね…。

まー、カットカットの嵐。

八幡のモノローグによるところの状況説明が全然無いために、全く理解不能だった所も多々でしたし。

実際、アニメでは笑うこともなく淡々と観ていたところでも、小説版では地の文のおかげで笑いながら読めていた気がします。

あとはまー、予想通りけーかとめぐりん、いろはすのイベントもほぼカットでしたしね、軽く殺意が。

とはいえ。

あらすじ説明のためのダイジェストとしてはきちんと機能していたみたいですね。

まぁそのためだけのアニメにどれだけ価値はあるのかは疑問ですが、それはさておき。

一般視聴者のはるのんへの好感度がだだ下がりになったであろう、あの鬱い終わり方だけは再現していたみたいです。

…他にもっと頑張るとこ、あると思うんだけどねぇ。

最後に、由比ヶ浜さんがある決断を下します

はるのんの意図はともかくとして、由比ヶ浜が現状の「居心地の良い奉仕部」を変革するためにある決断を下します。

…まぁ、その内容は今巻では「具体的には」触れられてはいません。が、想像はつきますよね。

現状、

—-

1.現状の奉仕部は、結衣が「気を使う」ことによってなりたっている。

2.でも、結衣が八幡に踏み込んでしまうと、「それ」が成功しようが失敗しようが今の奉仕部は消滅してしまう。

3.とはいえ、今の関係を変えない限り、八幡や結衣、雪乃の望む「ホンモノ」は手に入らない。

—-

…まさに、ジレンマですね。

で、このジレンマを解消するには、おおよそ4つの選択肢があるかなと。

—-
1.結衣が身を引き、雪乃に八幡を譲る。
→八幡への恋心より、雪乃・八幡との友情を取ったパターンです。一番妥当な選択肢だとは思います。
…が、妥当すぎて逆に無いのかなって。ちょっと原作3巻に似た感じですね。

2.結衣が八幡に告白しホンモノを得ようとする
→雪乃との友情より、八幡への恋心を取ったパターンです。(いや、案外そうでも無いのかもだけど)
宣戦布告パターンといってもいいのかな?雪乃に発破をかけるイメージでしょうか。
※アニメ版の終わりの雰囲気からしても、どうもこれじゃないかなと。

3.結衣と雪乃どちらとも付き合うという選択肢。
→まぁいわゆる一つの「ハーレム」エンド(笑)他のラノベならありえそうだけれども(^^;
俺ガイル、ってか結衣は無いかなぁ、真面目な娘だし。

4.誰とも付き合わないという選択肢。
→いわゆる「そして誰もいなくなった」エンド
数年後に大学とかで再会してそこからようやく物語が始まる、みたいなイメージ。
あるいは一色と付き合いだしたらだいぶ俺得なんだろうけど(苦笑)
—-

とりあえず、僕としては2番になるのではないかなと思います。願望でもありますかね。
最終的にはゆきのんとくっつくのでしょうが、結衣にも一度は幸せになってもらいたいな、と。

おわりに

いよいよ物語も佳境といったところですね。

小町の受験も終わりましたし、めぐりんの卒業も近付いてきました。

一度「奉仕部」という枠組みも解体する必要があるのでしょうね。

あそこは一種の「サナトリウム」ですから、どこかのタイミングで卒業する必要があるのでしょう。

実際、ゆきのんの依存のレベルがちょっとやばいレベルになってきているわけですし。

…というか、あの口ぶりあらして、静ちゃんがぼちぼち転勤とかするのかなって思いました。

ま、どんな結末を迎えるにしても、ある程度綺麗に、というか、納得の行く終わり方をしてほしいものですねぇ。

追記:アニメ版最終話観ました。いや、マジ原作通りに終わりましたね。ある意味良かった。


PAGE TOP