[TOZ/感想]ようやっと「ヒロイン詐欺」と話題(?)のテイルズオブゼスティリアをクリアしたので、雑感などをば。

はじめに 〜ヒロインは誰だった?〜

まず、

「ヒロインはアリーシャじゃなかったです!(即ネタバレ)」

テイルズ オブ ゼスティリア アリーシャ 1/8 完成品フィギュア

…まぁアニメ版やら特典やらでは、完全にヒロインやっていたアリーシャでしたが、序盤の重要キャラでしかなかったわけですよ。別にFF7でメインヒロイン扱いだったエアリスみたいに、死ぬわけじゃあないのでまだマシなのかもしれませんけど、それだけ逆にモブ感が強くなるというかね。

ファイナルファンタジーVII

いやまぁ、FF7に関して言えば「ティファと”も”くっついてほしいなぁ」というのが、かなり多くのユーザーの想いだったと思うんですよ。だからこそ、メインヒロイン扱いだったエアリスが死んでも、そこまで荒れなかった。せいぜいエアリス単推しだったユーザーぐらいでしょうか。要は、まだ「救い」は残されていたわけで。

(例えば、これに近いのは前作のエクシリアで、私はレイアとジュードのカプが好きなのですが、メインヒロインの精霊ミラと人間のジュードはくっつくのが難しいわけで、「どうせミラとジュードはくっつけないだろうけど、最終的にレイアとくっつくかも知れない」という「救い」を元にプレイしていました…この逆はグレイセスでしたけどねー…)

でも、このゲーム(ゼスティリア)を買った人のほとんどってアリーシャかエドナあたりを目当てで買ったんじゃないかな?少なからずスレイ(主人公)とアリーシャとの絡みがみたかった、という人が多いはず。

だっていうのに、

1.中盤に入ると「アリーシャ」が即離脱。

2.入れ替わりで「ロゼ」が加入してアリーシャがお払い箱に。

3.元仲間からアリーシャは「従子の才能がなかった」とかフルボッコに言われる。

4.終盤でTOVのPS3版フレンのごとく、復活あるかなー?と思いきや、最後まで無かった(終盤のスポット参戦とか考えると、むしろXBOX版のフレンに近いかも)

5.アリーシャとロゼが主人公のアフターストーリーをDLCで購入可能とのこと
(→イマココ!)

この5連コンボですよ、ええ。

いえ、別にみんな、ロゼが嫌いだとか、そういうことではなく、むしろ好きなんですが、ただ単にアリーシャの方が好きなだけなんですよね(^^; …せめてロゼと良い感じの恋愛イベントが一つでもあれば変わったのかなーとは思うんだけど…ね。

僕もたぶんそうなんだけれど、最後の最後まで「アリーシャが参戦してくれないかなぁ」ともがいていた人は、結構多いはずです。実際、「!」のサブイベント全部こなしても参戦してくれなかったとき、また、そして初めてTwitterのリアルタイム検索をして永久離脱したことを知ったとき、本当に絶望しましたもの。

もう、泣きながら冷めたような感情でラスボスを屠ったっていうね。

メリットとデメリット 〜良い点と悪い点〜

基本は表裏一体だと思うんです。良い点もあれば悪い点もある。
ちょっとばかり見ていきたいと思います。

良い点

・王道なストーリー
・アリーシャが可愛い
・キャラクターがみんな濃い
・戦闘システムが独特
・マップや街のグラフィックが美麗
・謎解きを要するダンジョンが多く頭を使う
・戦闘の難易度が比較的高い
・自由にカメラワークを操作できる
・終わり方が綺麗

悪い点

・ストーリーの先が読めてしまうので消化作業になる
・アリーシャが使えない
・キャラクターが濃いわりに掘り下げが浅い
・戦闘システムに慣れるのに時間が掛かる
・移動に時間がかかってイライラする
・謎解きが難しすぎてクリアできない
・終盤の敵が強すぎる
・カメラワークが難しく、特に戦闘中は苦労する
・終わり方が綺麗すぎて余韻もクソもない
こんな感じでしょうかね?
まぁとにかく、長い移動や戦闘にイライラした。
キャラクターへの扱いにイライラした。
何より、終わり方にイライラした。

RPGとかやるとスカッとするんだけど、全然スカッとせず、むしろイライラするゲームでしたね。「…何やってたんだろ、俺?」とか、普通に思ったので、たぶんにひどい。

テイルズ オブ ゼスティリア 数量限定特典 <豪華2大予約特典>

プレイ時間はおよそ40時間。そのうち、移動にかけた時間が17時間ぐらい…だるかった…。

ちょっとした攻略メモ

「金の鍵」

ロゼが仲間になるところで手に入る「銀の鍵」などとは違い、ふつうにストーリーを進めていくだけでは手に入りません。

終盤になると行くことになるプリズナーバック湿原(ローグリンと接するザフゴット原野の左下)の左奥にある廃村を左に行ったところにある遺跡の一番奥にあります。

ストーリー上では行くことはないので、無視しちゃいがちかも?僕もそうだったし。

終盤のレベル上げとラスボスの倒し方

まず、ラスボスは最低でもLV70はないと難易度「シンプル」でも辛いです。

実際、アルトリウスの玉座(ラスダン)にいる「中ボス」を全員「ノーマル」で倒せるぐらいの力をつけないと勝てないと思うので、とりあえずレベルが65ぐらいになるまではラスダンの敵を倒しまくりましょう。その後、他のサブイベントのボスや、アルトリウスの玉座にいる中ボスなどに挑戦し、一気にレベルを上げます。まぁ、はぐれネコニン(ノーマルでLV99)に余裕で勝てるようになった頃(「ノーマル」だとLV80〜90ぐらい?)に挑戦すると(比較的)楽に勝てると思います。

ただ、ラスボス戦(2戦目)は、時間との戦いです。
ふつうに戦っていては絶対に勝てません。
レベルがいくらあっても油断すれば即死します。

特に、「L1攻撃」を2回打った後に相手の必殺技(詠唱技)が発動すると、こちらがガードしようが蘇生しようが、確実にゲームオーバーになるので注意してください。

要は、必殺技が発動する前に「相手の詠唱を止める必要がある」ということですね。

詠唱が始まったらとにかく頭に集中して殴りましょう。SC切れになったらエリクシール等のレアアイテムを使ってでも回復してください。とにかく、ガードは無意味なので、集中すべきは相手を怯ませるために全力を尽くすことです。

これを4回繰り返せば、勝てます。相手のHPは関係ありません。

各試練の対処法

個人的には、火の試練、地の試練、風の試練は比較的わかりやすいと思うのですが、水の試練はやたらめんどうくさいです。一応、以下に各対処法を軽く紹介しておきたいと思います。

・火の試練:台座に順番がローマ数字で書いてあるので、その順番通りに、かつ、文字の書いてある方向から、「ライラの能力で火を灯す」だけです

・地の試練:前半はミノタウロスを捕まえて倒すだけです。ミクリオのバリアを使うと気付かれずに捕まえられます。後半はエドナの怪力を使って神殿内にある「茶色の土台」を全部ぶっ壊してください。

・風の試練:上に登って行ってボスを倒すだけです。デゼルの力で「風見鶏」に体当たりすると門が上下するので、それを利用して進みます。前半は考えなしに全部体当たりしていけば良いのですが、後半は下の階層が上の階層に連動してくるようになるので、ちょっと頭を使わなければいけません。とりあえず、宝箱を取るために開けた門は取ったら下げておきましょう.
それだけで、頂上にたどり着けると思います。

・水の試練:「監視タイル」に入ると入り口に戻されてしまうので、ミクリオのバリアを張って監視カメラ(?)の目をくらませます。「バリアを張った状態で2タイル分」しか前に進めませんので、慎重にバリアを張るタイミングを見極めましょう。どう頑張っても進めないフロアが割とすぐに出てくるのでそういう時は、「ここは無理」と見極めましょう。また、後半(4F〜)は「監視タイル(目のマークが入ったタイル)」ではなくなるので、しっかりと目視で監視カメラ(目)を確認しながら進んでいきましょう。

…個人的に一番腹が立ったのは、最後の最後のワープ先を出た瞬間、「よし、クリアだ!」と思った瞬間に監視カメラに見つかった時、でしたね。ほんと、コントローラーをベッドにたたきつけましたわ…。

おわりに 〜そして(ほとんど)誰もいなくなったエンド〜

しかも最後はほんとうに誰得エンディングで、

「終わりよければすべてよし」

という言葉がありますが、

「終わり悪ければすべてわるし」

というやつの典型なんじゃないでしょうか?

まぁ最近のテイルズ↓はこういう終わり方が増えた気がしますけど。

テイルズ オブ グレイセス エフ PlayStation3 the Best

無理やり「悲劇」や「昔話風」に繋げて、現実的な主人公の幸せは殆ど何もないっていうのがなぁ、これまで頑張った甲斐がないなぁ、というか…これじゃ、ルドガー(TOX2)の方がまだマシだったんじゃ…

今このゲームをamazonで評価するなら、⭐︎2つぐらい、でしょうか?

「ヒロインの扱い」と「終わり方」以外は、それなり良い部類のゲームだっただけに悔やまれますね。例えば、個人的にはエドナの甘えと脅しが超かわいかったんだけど(笑)
(参考:S3 TOZ 地の試練神殿 エドナが怖い

アフターストーリーでの救済を望みますよ、切に。

@ソフィが出てきてくれたのは嬉しかったです(小並感)


PAGE TOP