[平成ゴジラ7部作/特撮映画]追悼記念ってわけでもないですが、無印、ビオランテからデストロイアまで、TSUTAYAから借りて全話観てみました。子供の頃は「vsメカゴジラ」が一番好きだったんだけどなぁ…[vsシリーズ]

2017年3月11日

スポンサーリンク

前置き

平成ゴジラ特技監督・川北紘一さん死去 72歳 肝不全のため

僕がゴジラに初めて出会ったのは、映画ではなく、ゲームボーイのゲームソフトでした。
…というか、平成産まれの子って「ゲームボーイ」って言って解るのかな?(滝汗)

※要は、昔々のNintendoDSのことです!

その名も、

怪獣王ゴジラ

実は、僕が人生で初めて買ってもらったゲームソフトでもあるんですね(^^;

だから「ゴジラ」が何かも分からないまま、とにかくやりまくった記憶があります。でも、ゲームが初めてだっていうこともあって、下手で、すぐ死んじゃって、結局最後までクリアできたのは、買ってから数年経ってからでしたっけ。いやぁ懐かしいですね。

ちなみに。

実際に「ゴジラ」を劇場で観たのは「vsスペースゴジラ」と「vsデストロイア」だけです。他は、(当時)ゴジラマニアだった従兄弟が持っていたVHSで(昭和ゴジラもほぼ全作)観せてもらった記憶がありますが、あまりに子供だったので正直ほとんど覚えていませんでした。

それでも、桃鉄とかやっていると「ドジラ」とかいうパチモンが出てきたり、従兄弟がフィギュアやプラモを常に飾っていたので、なんとなく印象には残っていたんですね。まぁ、「メカゴジラ」だとか「モスラ」だとか、人気どころはさすがに覚えていましたけどね(苦笑)

とはいえ、ストーリーとかはほぼ忘れていたのも事実。
そこで、本日の視聴会と相成ったわけですね。

作品紹介

数人の(ゴジラ殆ど知らない)友人たちと一緒に観たのですが、
いやー、面白かったですね。

普通に「無印→ビオランテ→キングギドラ→モスラ→メカゴジラ→スペースゴジラ→デストロイア」という年代順で観たんですが、「ビオランテからメカゴジラ」までが特に好きです。ちょうど、前述のゲーム(1993年産)の範囲ですしねぇ。メカゴジラとか、マジ無理ゲーだった記憶があります(笑)

1.「ゴジラ」(1984年)

ゴジラ(1984年度作品) [60周年記念版] [DVD]
→記念すべき平成ゴジラ最初の作品です!
まぁ「平成じゃないじゃん!」っていうツッコミはさておき(笑)
これまで、どちらかという「人類の味方(ヒーロー)」という感じだったゴジラが、突然「人類の敵」に生まれ変わった記念碑的作品です。配役も結構豪華で、若き日の沢口靖子さんや田中健さんなどが出ていましたね。
「ゴジラって実はこんなんなんだったんだぜ!スッゲェ怖いだろ!でも、やっぱり、カッコイイだろ?」
みたいな、作り手の思惑が見えてくるような作品でしたね。ふつうにそこそこ面白かったです。

2.「ゴジラvsビオランテ」(1989年)

ゴジラvsビオランテ [60周年記念版] [DVD]
→前作から5年後のお話。
「5年前にゴジラから採取したG細胞が暴走してビオランテという化け物ができちゃった上に、封印していたはずのゴジラ本体まで復活しちゃってもう終わりだー!でも、頑張って戦わないと人類滅びちゃう!!」…みたいなお話。Gガンか!
主人公が三田村邦彦さんでヒロインが田中好子さんらしいんだけど、どう考えも、高嶋政伸(エースパイロット)さんと小高恵美(超能力美少女)さんという、もう一人の主人公&ヒロインペアの方が目立ってるなぁと思いました(笑)でも、後々の作品の布石としては良かったんじゃないかなぁと思います。まぁ、やっぱりちょい地味だったけど(^^;

3.「ゴジラvsキングギドラ」(1991年)

ゴジラvsキングギドラ [60周年記念版] [DVD]
→突然話の雰囲気が変わった一作だったと思います。
「23世紀から未来人がゴジラ退治にやってきた!…でも実は…」みたいなお話。
ターミネーターが出てきたりして、一番観てて面白かったかも知れません。
今作でてくるキングギドラがやたら格好良くて、好きなんですよねぇ。
ゴジラの怪獣の中ではふつうに一番好きかも。
S.H.モンスターアーツ キングギドラ

4.「ゴジラvsモスラ」(1992年)

モスラ対ゴジラ  【60周年記念版】 [DVD]
→女性は本作から見始めた(或いは本作だけは)という方も多いのではないでしょうか。
従姉妹がモスラ(幼虫形態)のフィギュアでよく遊んでいたことを覚えています。
実際、劇中歌「モスラヤ モスラ」でお馴染みのモスラの歌は、ゴジラを観たことがない方でも、CMなどで聴いたことがあるかもしれませんね。
「モスラっていう怪獣の卵を発見したよ!でも、卵の輸送中にゴジラとバトラっていう怪獣に襲われちゃった!どうしよう…」みたいなお話。三つ巴の戦いってやつですね。めちゃくちゃ面白かったです。
愛くるしいモスラって怪獣がこれまでの平成シリーズの怪獣とは全く違っていて、新鮮だったことを覚えています。基本、人間の味方なんですよねぇ。その人気は、3作にわたる外伝作品の主役怪獣になったことからも解ることと思います。

ただ、僕はバトラの幼虫形態の方が好きだったりもします(笑)
S.H.モンスターアーツ モスラ(幼虫)&バトラ(幼虫)セット

5.「ゴジラvsメカゴジラ」(1993年)

ゴジラVSメカゴジラ [60周年記念版] [DVD]
→僕が子供のころ一番好きだった作品です。
というより、単純にメカゴジラが好きだっただけなんですけどね。
ムービーモンスターシリーズ メカゴジラ
お話的には、「ゴジラをやっつけるために、最強のメカ作っちゃいました!で、それを試すために、偶然捕獲できたゴジラの赤ちゃんを囮にしようとしたら墓穴掘って国が滅びかけちゃった!」みたいな感じ。
…今観てみると、お偉さんたちロクなことしてないなぁ。あと、主人公の高嶋政宏さんが半端なくウザイ。彼の思いつきのせいでゴジラを復活させたもんじゃん。とかとか。いろいろ突っ込みどころ満載ねぇ…。

6.「ゴジラvsスペースゴジラ」(1994年)

ゴジラVSスペースゴジラ [60周年記念版] [DVD]
→「ゴジラよりさらにやばいスペースゴジラが宇宙から襲来しちゃった!どうしよう!メカゴジラはもういないし…そうだ!モゲラにしよう!」みたいな感じのお話でした。僕、地味にモゲラ、好きなんですよね(笑)
S.H.モンスターアーツ MOGERA
あの、どこか貧相な感じが良いです(笑)

…何というか、今作ぐらいから、主人公怪獣が徐々にゴジラからベビー(リトル)ゴジラになっていくのが解ってくるので、観てて悲しい気持ちになりました。まぁ、シリーズ終わらせるためなんで仕方ないっちゃあ仕方ないんですけどねぇ。

7.「ゴジラvsデストロイア」(1995年)

ゴジラVSデストロイア [60周年記念版] [DVD]
→平成ゴジラ最後の作品。
「ゴジラ死す」というキャッチコピー通りのお話。
「なんか、ゴジラがメルトダウンを起こしたせいで地球が滅亡しかけてるんだけど!?って時に、デストロイアという最強最悪の怪獣が現れたんで、じゃあこいつにゴジラ倒してもらおうぜ!」みたいな感じの話ですね。
まぁ、最終的な展開は、vsメカゴジラにちょっと似てますかね?(超ネタバレ)

にしても、デストロイアというと平成ゴジラ最終作とあってラスボス的なイメージがありますよねぇ。
S.H.モンスターアーツ デストロイア (完全体)
…まさに悪魔、てか魔王!てな風体ではあります。

今回僕が特に気に入った作品

大体1本2時間〜2時間半ぐらいでしたでしょうか。
たまに早送りしたところもありましたが、それでも半日程度かかりました。

やっぱり、最後だけあってデストロイアですかねー。
これまではキングギドラとか、モスラ、メカゴジラとかが(主にゲームの影響で)好きだったんですけどねぇ。

特に、あの終わり方が一番好きですね。
あの弱っちかったあの子がねぇ。みたいな。

…あ、ちなみに、怪獣だとキングギドラが一番好きですが、メカを含めると、メカゴジラ2が一番好きです。
リアルモデルキットシリーズ メカゴジラII 未塗装組立キット
ほらそこ!

「…昭和じゃん!」とか、突っ込まない(笑)

スポンサーリンク