[Nexus6/MVNO]買うならやっぱり「Y!Mobile」版かな。即金で7万5千円て、高すぎるし。[Simフリー]

スポンサーリンク

はじめに

最近、私が欲しいほど、魅力的なAndroid端末が無くて、ちょっと興味も減退気味だったのですが、もうちょいで”Android 5.0″が初めて搭載された「Nexus6」が発売すると聴きまして、ちょこっと考察?みたいなことをしてみたいと思います。

とりあえず、少なくとも、「Xperia Z3」や「Galaxy Note Edge」などよりは数倍魅力的だと感じましたし、試験機として1台確保しておきたいなと思いまして。

主な端末仕様

Nexus6 ケース, Spigen® [ クリア バンパー] Nexus 6 Case ウルトラ・ハイブリッド Google Nexus 6 (2014) (国内正規品) (クリスタル・クリア 【SGP11246】)
[スペック]
OS:Android 5.0 Lollipop
CPU:APQ8084 2.7GHz(QUAD)
ROM:32GB/64GB(2タイプ選択可)
SIZE:6.0インチ
Pix:1,440×2,560dot
(有機ELディスプレイ)
Buttery:3,220mAh/400時間
Camera:1,300万画素メインカメラ

[備考]
1.防水・防塵機能はオミット。
2.ワンセグ(テレビ)もオミット
3.赤外線機能もオミット
4.お財布ケータイも当然オミット
(いわゆる「ガラパゴス」な部分はのきなみ削がれている)
5.NFC機能自体は付いているもよう
6.Wi-Fiがnだけでなく、acにも対応している
(=超高速通信が可能)

雑感

スペックはほぼ最強。
普通に、XperiaZ3を軽く上回っていると思います。

特にAndroidのメジャーアップデート(更新)が最優先で実施されるのが最大の強み。
だって、一番早く最新のものを味わえるということですからね。
(他の日本メーカーとかは、下手すると半年〜1年遅れるし)

あとは、ガラパゴスな機能がないことに耐えられるかどうか、でしょうか。

まぁ、冷静に考えて、防水&防塵機能以外は一つもまともに使う機会がない人が殆どだと思うので、全然問題ないと思いますけどね。その「防水・防塵」機能にしても、すぐ発売されるであろう、「防水・防塵ケース」で対応すれば良いので特に問題はないと思います。ま、私はそれすらいらないと思うのだけれど、熱くなっちゃうし。

メーカーはモトローラなので、まぁ、無難でしょうか。

後の問題は、定価に耐えられるかどうか。
「7万5千円」という価格帯ではちょっと手が出ないですね。
だからこそ、Y!Mobileという選択肢があると思うのだけれども。

Y!Mobile版か、それともSimフリー版か?

Y!Mobile版について

そもそも、「Y!Mobile」ってなんぞや?っていう人も多いと思います。

端的に言えば、以前あった、「ウィルコム」と「イー・モバイル」がソフトバンクに吸収されてできた会社です。

音声通話に関しては「旧イーモバイル+αソフトバンク」網を使っているみたいです。

元ウィルコム+イーモバイルが母体なので、通常の携帯電話より、通話料を安く済ませられるというメリットがあります。また、データ通信料に関しても元がイー・モバイルなので安価な方です。

とりあえず、オプションと機種代を考えても5〜6千円前後ってところでしょうか。
(単純に考えて2年で、12〜14万前後です)

しかし、その一方で、所詮はソフトバンク系の回線なので地方では使いづらいというデメリットはあります。都市部ならむしろ使いやすいぐらいなのですが、地方(特に山間部)ではどうしても不利になります。また、通信すればするほど割高になってくる仕組みになっているので、通信量が多い方にはお勧め致しません。

そのため、

「都市部に在住、かつ、それほど通信量が多くない方」

にオススメしたいです。

普通にdocomoとかで機種変更するよりは、グッと安くなるはず。たぶん。

Simフリー版について

では次に、Simフリー版を考えてみたいと思います。

円安の影響も多少あるのでしょうね。

Nexus6では一気に高くなりました。
なので、「7万5千円」+「フリーSim初期費用(3000円前後)」+「月々の通信費(月1000円前後〜)」という計算になるかと思います。

だいたい、2年で10万〜16万ほどです。
(データプランによってかなり変わります)

フリーSim最大のメリットは何と言っても、長く使えば使うほどお得になることです。
3年目、4年目になると、有り難みが増してくることを実感します。

ただ、ちょっと、即金7万5千円のスマホには、中々手が出ないですね。
(後から安くなるといってもね…)

これは個人的な意見ですが、フリーSimの使い方としては「3〜4万ぐらいの中古スマホを2〜3年で使い潰していくのが理想」です。常に最新のものに買い換えていくなら、キャッシュバックや助成金もあるキャリア(docomoとか)のスマホに頼った方がお得な気もします。…まぁ、使い方によるとは思いますけど。

だからまぁ、フリーSimにこだわるなら、Nexus9か、Nexus7などのタブレット端末を買ったほうがいいかも。最新型のNexus9でも、4〜5万で買えるので、お得感がぱないですしね。

HTC Nexus 9 ( Android 5.0 / 8.9inch IPS LCD / NVIDIA Tegra K1 / 16G / インディゴ ブラック ) 99HZF035-00

当然、通話はできないので、電話として使いたい場合には、やっぱりスマートフォンを買うしかないんですけどね。…ただ、7万5千円はなぁ、その辺の判断はお任せします。

Simフリー版「Nexus 6」の入手法

Nexus6本体はこちらから入手してください。
公式ショップ

※amazonなどで中古が出るまで待つという選択肢もありますが、「Nexus5」が1年経ってもそこまで値が下がっていないところを考えるに、あまり意味のないことなのかなとは思います。(どうせ、来年は来年で次の新製品が出るわけですし)

オススメのフリーSimは…

フリーSimに関しては11月26日から始まった新サービス「NifMo」などのMVNO業者を利用すると良いでしょう。

サービスにもよりますが、音声通話ができるものもあります。
「NifMo」もそのひとつですね。
しかも、「月々たった1600円で、音声通話可(30秒ごとに追加で20円かかります)&データ上限2GB」というのが大変魅力です。
※なお、データ通信だけだと、月々900円でデータ上限2GB使用可能のプランがあります。

なので「音声通話もデータ通信もそこそこできるスマホを、できるだけ安く、長く使っていきたい!」という方にオススメしたいです!

「光」を使っている方にちょこっとおすすめしたい裏技

モバイルルーターを使うというのも手ではあります。
例えば、昔ながらのWiMAXなんかが良い感じです。

そこそこ速い上にデータの使用上限がないという点が最大の魅力です。下手すると自宅の光回線がいらなくなるレベル(笑)

で、音声通話自体は、Nexus6に以下のような格安のIP電話対応のフリーSimを刺せば問題無いでしょう。
OCN モバイル ONE【050 plus(IP電話対応)】マイクロSIM 月額1,050円(税抜)~

これで月々の通信費が5千5百円前後で収まるはずです。「自宅にあまりいない人や、家電(NTT回線)が無い方」にオススメしたいです。

結局のところ、僕のオススメは…

僕なりの結論としては、

よく通話をするのであれば、定額オプションのあるY!Mobile。
あまり(或いは全く)通話しなくても良いならSimフリー版orWiMAXってところでしょうか。

僕の場合は、ガラケー持たなきゃいけないとか、ちょいとだるいので、
ワイモバイル

一択になりそうではあります。
(母に人身御供になってもらう予定なのですが、たぶん、2台持ちとか、通話時間を気にしての通話とか、ややこしいのは無理なので。)

ただ、先も述べましたが、地方に住んでいる方は、やや電波が入りづらいので、やっぱりSimフリー版の方が良いかもしれません。その辺の判断につきましては、ご自身でなさってください。

おわりに(最近のスマホ事情)

最近のソニーなんかのスマホは…欲しいと思えないんですよね。

自分がZシリーズを使っているせいかわからないんですけど、

食指が全く動かない。

要は現状に不満がありすぎてどうしようもない、というか。

どうにも、初代Xperiaにあったようなワクワク感が消失している気がするんですよねぇ。

ただ、デカくて速いだけ、というか、綺麗すぎて、無難に過ぎる、というか。

それだけ、スマートフォンそのものが成熟した証でもあるんでしょうけどね。

だからといって、進化するとこが無いなら、新製品を作る必要もないんですよ。

マイナーチェンジで売れ続けるのはApple(オリジナル)ぐらいなものです。

だったらもう、現在のガラケーのように、

コストを削減していくしかないのかなぁと思います。

そうでもなければ、スマホをスパッと諦めて別な道を探すべきなのかなと。

…全ての衰退の始まりは、ソニー”エリクソン”を辞めた時だったと思いますが。

ま、後の祭ですね。

スポンサーリンク