[アニメ/感想]大豊作の今期もいよいよ折り返し。「魔弾の王と戦姫」を筆頭に面白いアニメが多くて良かったです(小並感)

前置き

先ほどからNHKプレミアムでやっている「アニサマ2014」を観ながら、
アニサマぴあ 2014 (ぴあMOOK)
今期のアニメを軽く振り返ってみようかと思います。
(にしても、和田さんとか西川さんとか、男性陣がやたら熱いなぁ)

前回も軽くやりましたけど、あれは1話終わった時点でしたからね。
今回は、観ているやつだけ扱います。悪しからず。

レビュー(のようなもの)

魔弾の王と戦姫-EX-

魔弾の王と戦姫 第1巻 [Blu-ray]

正直、作品のできだとか、作画のデキだとか、そんなんどうでもいいんです。

明らかに低予算ではあっても、面白いものは面白いのです。
(そもそも「戦記モノ」で重要なのは戦闘シーンではありませんし…)

その筆頭がこんな作品なのかなと思っています。
結局、毎週楽しみに観れるのが一番ですよね。
これはそんな作品の一つだと思います。

特に、主人公の「ティグル」が大変良いキャラだと思います。
テンプレですが、非常に洞察力に優れた名君主といった印象。
例えるなら、
「ダヴィデ」の肉体に「ソロモン」の知性を持ったようなイメージです。

だから、あれですよ。
今は無き「勧善懲悪な時代劇もの」を観ているような感じです。
ヒロインや部下たちはそんな主人公に次々と籠絡されてしまうのですが、それが全然嫌味じゃない。
やはり、いつの時代も、爽やかイケメンはいいものです。

…ま、アクセルワールドとかを観て、いたたまれない気持ちになったのと真逆の感覚なんじゃないかなと。

ちなみに、ヒロイン勢ではリムやリュドミラがいい感じ(個人の意見です)。

Fate/stay night-S++-

Fate/stay night+hollow ataraxia セット
内容は、暗記するぐらいにやりこんだこのゲーム。
(レアルタ・ヌアとかもやっているので多分5週はしてる)

…ついでに言えば、DEEN版の映画(Unlimited Blade Works〕があんまり期待外れだったのでTVでリメイクしてくんないかなぁ、と思っていたら早速してくれたこの作品。
(まぁ、そもそもというか、これを1時間半に納めようなんていうこと自体無理があったんでしょうけどね)

…劇場版、負けちゃってるねぇ…完全に。
死人出てそう。
でも、やっぱり面白いです。

特にアサシン(佐々木小次郎)とか、アーチャー(エミヤ)とかが、本当に熱い。
その上、凛も桜もセイバーも、イリヤも、皆可愛いときている。

基本、死角はないですね。
魔弾とは、本当に対照的。
あっちはあっちで良いけど、こっちも当然良いですよね。

あとはもう、燕返しとかの演出ですかねぇ。

ノベゲーだったからこそできた表現ではあるんでしょうけど、ちょいと物足りなさを感じる。
あの感動というか、震えるような感覚を、もう少し表現して欲しかった。

まあ、しゃあないか。

四月は君の嘘-S+-

四月は君の嘘 僕と君との音楽帳
原作を全く知らなかったのですが、声優の早見沙織さんがサブキャラで出ていたと聴いて、物語の途中から視聴を開始しました。
そして、今ではすっかり、原作を全巻買い込むほどにファンになってしまったというね(笑)

物語的には、天才ピアニストと呼ばれた主人公が、過去のトラウマが原因でピアノが弾けなくなってしまっていたのだけれど、ヒロインやライバルたちのおかげで立ち直っていく、というよくある感じのお話なのですが、ノイタミナ枠ということで、お金がかかっています(笑)作画とか、演出がすごい、ってかエゲツないです。下手するとFate並か、それ以上にお金かかっているんじゃないかなぁ。

それと、ヒロインの娘ももちろん良いのですが、幼馴染の椿とか、早見さんのライバルキャラクターが好きで、すっごく感情移入しちゃってます。
四月は君の嘘(4) (講談社コミックス月刊マガジン)
特に「響け響け響け!」のところでは、メチャクチャ鳥肌&号泣ものでした。やっぱり早見さんは、若手の中では演技力が圧倒的ですねぇ。単純にすごいです。

グリザイアの果実-S-

グリザイアの果実 第1巻(初回限定版) [Blu-ray]

…ところで、メインヒロインって天音さんじゃねぇの?

コホン。

何というか、ふつーに面白いです。

この作品も主人公がいい感じのイケメン&イケボな結構な完璧超人なのですが、
これがまた全然嫌味じゃない。
やはり、モテるのが不自然じゃないという点は良いですね。
イメージ的には、「融通の利く相良宗介」といった感じでしょうか。

個人的には、「なるほど」「すごいな」「悪いのは君じゃない」の三段活用の話が一番面白かった(笑)

「ヒロイン」という意味ではやはり周防天音さんですね。
グリザイアの果実 周防天音 (1/6スケール PVC塗装済み完成品)
もともと、田口宏子さんが好きということもありますが、ふつーに一番可愛いんじゃないかなと。
タマ姉とか宮村みやこあたりが好きな人は一発で落ちるんじゃないかなぁ。

なお、構成も、1キャラにつき、1〜2話のオムニバスといった感じで、
大変テンポが良いです。
アニメのデキそのものが良いんでしょうね。
原作を全く知らなくても、ストレス無く観れています。

天城ブリリアントパーク-S-

【Amazon.co.jp限定】甘城ブリリアントパーク 第1巻 限定版 (描き下ろし全巻収納BOX・ジャケットカード付) [Blu-ray]

この作品も主人公が魅力的ですね。
また、もっふるなどのマスコット組も良いキャラしてます。

でも、やっぱりというかこの作品の魅力は千斗いすずを筆頭とするヒロイン陣です。

千斗の可愛さ…というか無防備さというか、何というか、は異常です。
もちろん、エレメンタリオとか、姫さまとかも良いんですけどね。

何せ、チョロい上に、不器用で、肉感的で、声も良くて、ヒロインとして、ほぼ、完璧。

いやぁ、薄い本が増えそうだなぁ。(てか、実際もう増えてきてるし)

…余談ではありますが。
京アニは独自のアニメはつまらんけど、原作ありのギャグ(?)アニメは得意なんだから、そっちに注力すれば良いのにと、つくづく思いました。要は、下手に頑張って、やたら高品質なつまらないアニメを量産するのはやめていただきたい。

ガンダムビルドファイターズ トライ-S-

面白いですよ。めちゃくちゃ。
あと、やっぱキャラクタが良いよね。
ガンダム・ガールズ・ジェネレーション アイラ・ユルキアイネン
(前作だと、アイラさんとか)

どのキャラクタもキャラが立っている。
素晴らしいと思います。流石です。

Gのレコンギスタが、正直微妙なのですが(個人の意見です)、
こっちが面白いのでもうどーでも良いです。

男キャラもさることながら、やっぱりヒロイン陣ですよね。

すっげぇ女神なミライ姉ちゃん、
健康スパッツが肉感的なフミナ先輩、
ぽっちゃりウザ&チョロ可愛いギャン子

などなど。

まぁ、もっと増えそうですが、やっぱりヤスダさんの描く女性キャラも良いですね。
(どうしてもデュラララとか夜桜とかのイメージが強くなってしまいますけどねぇ)

サイコパス(二期)-A+-

リスアニ!Vol.19 (M-ON! ANNEX 585号)
以前のクールでやっていた総集編で初めて最後まで1期を観ました。

僕は基本、暗いのとか、残酷なのは苦手なのですが、割とすんなりと観ていましたね。

ファントムのシナリオライターさんが、原作というだけあって、バンバンキャラクタが死んでいくのが印象的ですね。(Fate/Zeroとかまどマギとかもですが)

二期は一期の後日談ということで、主人公が不在なのですが、話の展開は1期と似たような感じですね。
要は、シビュラにとってのイレギュラーにヒロインたちがどう対処していくかを観ていく作品です。

その過程で、まぁ、グロめな表現が多々ある、ということです。
苦手な人はほんと苦手かも。
母親とか、1期でいうところの11話の「例のシーン」で、ふつーに眼を背けてたし。
(ちなみに自分もです…はい…)

…最近だと、青柳さんが「消滅」した時はあんぐりになっちゃいましたけれども…。

ただまぁ、観ちゃうよねぇ。
下手な刑事ドラマより全然面白いと思うし。

攻殻機動隊とか好きなひととかはほんとはまりそうよね。

大図書館の羊飼い-A-

TVアニメーション『大図書館の羊飼い』第1巻(初回限定盤) [Blu-ray]
「米澤円、斎藤佑圭、山本希望、仙台エリ」この辺の声優さんにピンときたら是非観て欲しいアニメ。
僕はどの人もストライクですね。

例えば、米澤さんなら、小木曽雪菜(WA2)や、平沢憂(けいおん)役で有名ですし、
斎藤佑圭さんは、紅葉知弦(生徒会の一存)や、永吉昴役(グリマス)、
山本希望さんは、防波亭手寅(じょしらく)や、城ヶ崎莉嘉(モバマス)、
仙台エリさんは、甘酒アリカ(メダロット)や、トリエラ(ガンスリ)あたりでしょうか。

…特に、斎藤さんや仙台さんは、好きな割には良い役に恵まれないイメージだったので、今回は特に嬉しかったです。特に斎藤さんはなぁ。生徒会の一存とか思い出す度泣けてくる。
生徒会の一存 第2巻 限定版 [DVD]
(僕は1期が好きだったんです…ほんとに…)

ま、内容も結構面白いので、観たことない人は一度観てもらいたいですね。
(ただ、終盤のグダグダというか、適当感がひどかった。なぜ11話にしたし。)

異能バトルは日常系の中で-A-

異能バトルは日常系のなかで GA文庫
んー、まぁよくあるハーレム系ラノベが原作です。
毒にも薬にもならないというか、んー、まぁ面白いといえば面白いですね。

特に、工藤さんがメインだった2話とかは良かった。
あと、最新話のはやみんの長ゼリフとかは圧巻でした。

ただまぁ、のめり込むほど面白いかと言われれば微妙…かなぁ。
(というか、何にのめり込めばいいのやら…)

俺、ツインテールになります-B+-

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)
出落ち。基本はギャグ。

真面目な話になればなるほど、つまらなくなるという稀有な作品ですね。
最初の頃のノリは好きだったんだけど、最近はそろそろ…。

神撃のバハムート-B-

神撃のバハムート ケルベロス (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)
「自称・通」な人が好きそうなアニメ。
海外とかでも受けるんじゃないかな?

ただまぁ、原作ユーザの僕としては、正直微妙かなって。
面白いには面白いとは思うんだけどね。
期待していたのとは、かなり違うかなって。

マナリアとか、その辺を舞台にして欲しかった。
ま、ケルベロス(CV.キタエリ)が観れたので良しとしますかねぇ。


PAGE TOP