[ソチオリンピック]二勝三敗で、カーリングは絶望的ぽい。残る望みは男子フィギュアぐらいかなぁ。

2017年10月9日

ソチオリンピックも、大体中盤戦ですね。

開会式からこっち、寝不足で困っています(苦笑)
…まぁ、しゃあない。

で、まぁ、大本命の一人と目されていた高梨沙羅選手(女子ノーマルヒル)や、上村愛子選手(女子モーグル)がメダルに届かず、4位で終わり、割と絶望的だったところに平野歩夢選手の銀の知らせが舞い込む、という波乱続きのソチ(良くも悪くも)。

———将に寝耳に水、といったところでしょうか。
また、他にも、ノルディック複合での銀などもありましたし、
全体的には、まずまずといった所なのかも知れませんね。

とは言え、どこか物足りない気がするというのも事実。

トリノでは、荒川静香さんが、話題を独占したことは記憶に新しい(?)ですが、
一つぐらいは、「金メダル」という奴が欲しい気もします(苦笑)
…何せ、前回(バンクーバ)は、一つもなかったですしね…。

しかして、じっくり見ていたカーリングが、今回割りと不甲斐ない。
(参考:カーママ 英国にギブアップし連敗 負け越しで準決勝進出へ後がない状況に)

いや、初戦はともかく、2、3戦目は結構良く戦っていたと思うんですよ。
だっていうのに、インフル明けの小野寺選手を(ならすためなんでしょうけれども)、態々好調だった、苫米地選手に代えて出さなくてもなぁ、と思ったのでした。

…実際、二連敗(4戦目、5戦目)だしねぇ。
せめて、若干不調気味な吉田選手と代えるとかさぁ。
仲良しこよしサークルじゃないんだから、と。
(いや、本人達的にはそう大差ないのかも知れないけれども)

現状、小笠原選手のワンマンチームに思えるし、
やっぱり、精鋭を集めた混合チームにするべきだと、思いました。
いやだって、
(特に若い人たちが)小笠原選手のイエスマンになっていましたしね。
あれじゃ、チームメイトというより、部下と上司ですわ。

…とかまぁ、やけ酒を飲みつつ、愚痴をこぼしつつ、
或は、叫びながら、観戦しておりましたわけですわ(つい、さっきまで)。

そんな調子で、今は男子フィギュアを観ながら、この記事を書いているわけですけどね。

…正直、浅田真央さんが、キムヨナはともかく、リプニツカヤ選手に勝てるようには思えませんし、
ぜひとも、羽生君や、高橋大輔選手に踏ん張ってもらいたいところ。

…まぁ、1個ぐらいは、ねぇ(苦笑)。

実際、プレッシャーにさえ負けなければ、十分いけると思うのですが…。
(パトリックチャン選手の安定性は異常だけれども…)

追記。2014.02.15 05:00

やった!金だ!おめでとう!羽生君!

…ただまぁ、ややすっきりしないのは、二回の転倒があったことと、
パトリック・チャン選手が思いのほか良くなかったこと。
プルシェンコ選手が出場できなかったこと。

要は、完勝!って感じじゃないんだろうな。辛勝というか。
まぁ、勝ちは、勝ちなんだけれど(苦笑)

てか実際、二人とも緊張してたんだろうなぁ、ほんとに。
世界選手権を連覇していたあの、チャン選手ですら。
そして、羽生君、試合後のインタビューで、悔しかった、って連呼してたね。
悔しいだろうなぁ、勝った気がしない勝利ほど空しいものはないわけで。

…いやでもほんと、二人とも、お疲れ様でした!

ほんに、これしか言えないわー。ノシ

スポンサーリンク