[SONY]遂にVAIOの歴史に幕?その最大の理由は…

2017年3月11日

ソニー:今期1100億円の赤字に、平井社長の手腕に疑問の声

SONYが駄目だったからVAIO事業を売る羽目になった?

僕が思うに、SONY云々ではないのだと思います。
幾つかありますが、その最大の理由は、

「WindowsPC市場」そのものが下火なこと。

コレ以外にはないでしょう。
(参考:2013年度上半期の販売動向、「パソコンからタブレットへ」のシフトが明確に……GfK調べ

要は、スマートフォン&タブレットに、散々シェアを奪われてしまったわけです。
でもそれは、決してSONYのせいではないですよね?
(どちからと言えばMS社のせい?(苦笑))

実際、僕の周りでも、
普段はタブレット(ほぼiPad)やスマホが主ですし、
仕事(営業とか)でさえ、
そちらが主要になってきた方も少なくないくらいです。
トドメを言ってしまえば、仕事や趣味で最も使われるであろう、モバイルPC(およそ13インチ以下の軽量かつ安価なPC)で一番売れているのは、「Macbook Air(11インチ)」です。

そうでなくても、職場では、ASUSやHP等、
海外の激安モデルを入れているところが殆どですから、
職場でVAIOなんて高級品を入れるところがどこにあるでしょうか。

対して、Xperiaシリーズは絶好調なようですし、
オワコンなVAIO(というよりWindowsPC)を作っている暇があるなら、
需要のある分野に注力するのは当たり前のことであると言えるでしょう。

それが「今」はPS4であったり、Xperiaなのでしょうしね。
(「過去」にはVAIOの時代もあったというだけで)

結局のところ

自宅の趣味用のPC=VAIO等国産PC
職場の仕事用のPC=DELL等の海外製PC

…であったところが、タブレットや、Macの流れに押されて、
今や自宅でさえ海外の安いPC、
もしくはMacに切り替わってしまったわけですね。
(さすがに、タブレット「しか」持っていないという人は少ないと思うのですが…)

自宅の趣味用のPC=タブレットやスマホ or Mac
職場の仕事用のPC=DELL等の海外製PC or Mac

一度でもiOSやAndroidを使ってしまうと、
もはやWindowsには戻れなくなります。
(というより、戻る気が失せます)
結局、それこそが、VAIOのみならず、
国産PCの需要がなくなってしまった真の理由でしょう。

今国産のWindowsPCを使っているのは、
SONYマニアか、高齢者か、女性ぐらいなものでしょうか。
「情弱」と言い換えても良い。
大体僕らはそれぐらいの認識で見ています。
ある程度知識があるなら、自作するなり、
プライベートブランド買うでしょうしね。

…しっかし、Microsoft社の衰退、停滞がいろんなところで影響を及ぼしてますね。
ビルゲイツさんも完全に(?)手を引きましたし…。
しばらくは、まだまだMac(というよりMacbookAir)の独壇場が続きそうねぇ。
その間に、Windowsを見限るなり、完全にパソコン業界から手を引くなり、
或は、自社製(或は共同の)OS開発に取り組むなりした方が良いと思うんだけれど。


PAGE TOP