[Android/Xperia Z2]来月にも新作のXperiaシリーズが発表される、との噂。

    Xperia Z1の改良版? 未発表のXperiaスマートフォンの実物写真が流出

    日本で発売するとするとなると、来年の二月か、三月くらいになるんでしょうか。
    まあ、何れにしても、スペックアップは間違いないでしょう。

    現在囁かれているのは、
    「2,560×1,440ピクセル」になるということと、
    「3B RAM」を積む事ぐらい、でしょうか?
    …他は「Xperia Z1」の現状維持、らしいです。

    さてさて?

    Xpeiria Z1に一番足りないものはIGZO?

    楽しみではありますが、需要があるかどうかについては、中々判断に悩む所。

    今現在、
    「Xperia Z1」をテスト端末として利用している自分としては、
    「電池の保ち」と、「持ちづらさ」さえなんとかなれば、
    割と完璧な端末なんじゃないかなぁと考えています。
    つまるところ、
    これ以上のスペックアップは必要なのだろうかと小一時間。
    やはりというか、いつぞや囁かれた「IGZO搭載液晶の実現」が最大のポイントになるんじゃないでしょうか。サイズ(=持ちづらさ)は「Xperia Z1f」という汎用版で(一応の)解決はされているわけですしね。

    Xpeiria Z2に一番足りないものはむしろ…

    ここまで完成度(主にZ1の)が高くなってくると、
    ハード(箱)よりソフト(中身)の問題なんだと思います。
    …単純にAndroidは使いづらいし。

    ちなみに、使用感としては、

    「iPhone5s>>>Xperia Z1>DIGNO M>>その他のAndroid端末」

    といったところです。

    ハードの性能がいくら高くても、
    使いづらい(≠遅い)端末では実用には耐えません。
    (白状すると、iOS7のテーマを使っているぐらいです(笑))

    ※ちなみにiOS7の使い易さはヤバいです。まじ感激するレベル。
    (Androidの記事なのにiOSステマしてもしょうがないんだけど)

    …うん。

    まぁ、こと使いやすさ(=ストレスフリー性)では、
    iPhone、てかiOSには遠く及ばないわけですよ。
    それは、WindowsがさんざんMacの真似をして、
    Windows8という産廃を産み出したのと同様に、です。

    なぜならそれはコンセプトが違うから。

    それはもうしょうがない。中身(Android)の問題だし。
    ユーザビリティその他の差、というか「違い」が、
    半端じゃあ無いわけですね。

    ここは、まぁ、Googleに頑張ってもらうしかないわけですね。
    SONYにできることは、テーマを作る事ぐらいでしょうし。

    それでも、水気のあるところにも持って行けるだとか、
    大画面で観れるだとかの利点はあると感じています。
    …勿論、それぞれ熱がこもりやすいだとか、持ちづらい、
    バッテリ切れが速い、
    といった欠点とも直結しているわけでしょうけれども。

    …となれば、やはり、独自のOSを作るのが手っ取り早いんですよね。
    特にSONYの場合はPS VitaのOSもあるわけですしね。
    Vitaアプリが「増えてくれば」、
    「Vita Phone」や「Vita Tablet」が出てきても、
    …おかしくはないですよねぇ。

    一(いち)SONYユーザとしては、その辺も期待しています。

    スポンサーリンク