[楽天/野球]予想通り、田中のマー君が沢村賞を受賞!でも、素直に喜べないのは昨日の”大誤審”のせい?

2017年3月11日

僕は巨人アンチなので、どちらかと言えば楽天贔屓なのですが、アレは無かった。
(参考:どう見ても誤審です プロ野球 日本シリーズ2013 2戦目 楽天vs巨人)

一塁の塁審は、「森進次郎」さんという方のようなのですが、まぁ、これからは(球界では)生きづらくなるかも知れませんね。
これだけの大問題に発展した上、しかも相手は天下の巨人様なのですからね。

しかもしかも、24連勝という大記録にも土をつけてしまいました。
「あの24連勝はねつ造」なんて心ない言葉がコメント欄やTwitterの上を踊っている始末です。…こんな状態では、折角の沢村賞も、無敗記録もなんだか報われません。

…というか、あれだけの好投を続けていた田中将大投手の笑顔を消してしまったのも、実はあの判定だったのではないでしょうか。いくら日本シリーズの途中だからといって、勝って殆ど笑顔がないというのはおかしいです。「こんな形で勝っても嬉しくない」というのが星野監督や田中投手らの本音だったんじゃないでしょうかね。

それだけ、きわどい場面での審判の判定は、難しいということでもあるのだと思うのですが、「双方の合意があればビデオ判定を取り入れる」ぐらいの改革は必要ですね。あれだけ重要な場面で判定が覆らないのでは、審判含め、当事者も辛いでしょう。

であれば、「ビデオ」という絶対的に覆らない証拠が提示された上で判定した方が、という見解にもなるのではないかなと思います。…んー、まぁ、時間の節約という意味では無駄手間が増える、ということはあるんでしょうけどね。それを補ってあまりある成果が得られるのではないかな、とも、思う訳で。


PAGE TOP