[Apple/Mac/iPadAir/iPadMiniRetina]Microsoft(=Windows)終了のお知らせ!やはり時代はMac!

2017年3月11日

スポンサーリンク

Macもアップデート無料な時代に。

アップルの新OSマーベリックス、無料に

“アップルのパソコン向け最新基本ソフト(OS)、「OS X(テン)マーベリックス」が22日から、無料でダウンロードできるようになった。”

これまでだって、3千円以下とか、激安でアップデートできてたわけですけどね。
しかも、毎年。
MSとは違うのだよ!MSとは!
…といったところでしょう。

そもそも、Appleはソフトの会社ではなく、ハードの会社です。
「良い箱」を売って、サードパーティにソフトを作ってもらって、
「手数料」でマージンを得るというビジネスモデル。

だからこそできるビジネスモデルなのでしょう。
従来のMSのようにソフトだけ売って、
というビジネスモデルではこれでは赤字になります。

※もっとも、MSも同じようなビジネスモデルにチェンジしようとはしています。
 けれども、今さらMSの糞OS(失礼)に、
 MS優位の状態で、
 アプリを供給しようとする人なんて殆どいないのでした。まる。

Appleとしては、これらのビジネスモデルにこれまでのようなOSを、
アップデートにお金をかけることがナンセンスだと判断したのでしょうね。

…それにしても、僕のMacもぼちぼち古くなってきたのですが、
そろそろ買い替え時かなぁ、まぁ、不満点はないんだけれど。
(これもまた、OSが適時アップデートされまくるためか)
ぼちぼち4年目なのだけれど、普通にそこらのWin8より速いです。
さすがはSSD先生。HDDではこうはいかないはずですからねぇ。

一方のiPadは?

超薄型「iPad Air」発表 「mini」はRetinaディスプレイに

「超薄型で、超高性能」というのが新型iPad「iPad Air」の特徴みたいですね。
iPadというと、「重い」「大きい」というのが最大のネックでした。
「大きい」というのは、「iPad mini Retina」がありますから問題無いとして、
やはり、「重い」、というのは何とかしたかったわけですね。

そこで、「9.4ミリ→7.5ミリ」の薄型にしたことで、軽量化に成功。
「652グラム→469グラム」へと変わりました。
…まぁ、僕はスタンドに立てて使うタイプなので特に気にしてなかったのですが、
女性とかは特に取っ付き易くなるかも知れませんねぇ。

性能も現行のものより二倍(A6→A7チップへ)になったみたいです。
つまりは、iPhone5s同様、64bitになったということですね。
(参考:Apple Announces Thinner, Lighter iPad Air With 64-Bit A7 Processor

うーん、素晴らしい。

iPad Retinaも、予想通りといったところでしょうか。
上記のiPad Airをそのまま小型にしたようなイメージ。
性能は殆どそのままというのが良いですね。
…ただ、高いです。およそ、4万2千円。
これなら、あと1万円出して、
「iPad Air」を買った方がお得かも?

サイズと相談して、ですかねぇ。

スポンサーリンク