[野球/広島]セ・リーグのCS(第一ラウンド)を制したのは広島!後は難敵巨人を攻略するのみ!

2017年3月22日

今季の最初に予想した事が、現実味を帯びてきましたね。
(過去記事:[プロ野球] ついに明日、ペナントレース開幕。今年の目玉は、大谷翔平投手と、藤浪投手のガチ対決かな。)
思いきり外したのは、ソフバンと西武、日ハムぐらいかなぁ。
…ヤクルトは、まぁ、しゃあない。

広島が、まずはCS第一次ラウンドを勝ち抜けました。
パ・リーグは、ロッテと西武ですが、
恐らくは西武が抜けてくるんじゃないでしょうか。
やや、(今季の)広島と阪神の関係に似た所がありますし。

…それにしても、今日のバリントン投手は、
西岡にHRを打たれてから、一気に覚醒しましたね。
まぁ、例のポーズ(HRの時の)を見て、
イラッとしたんじゃないかなぁ、とは友人の弁。
打撃陣もそれで奮起した感もあります。(ぱっと見ね?)
…この場に、打撃の神様こと「前田智徳」がいないことだけが悔やまれる。
阪神の桧山(今日HR打ったけれども)とか出てたんだし、
CS、出てもいいんじゃないかなぁ?(笑)…なんて。

さて。

正直、前田智徳選手が戦線離脱をした時には、「オワタ!」と叫んだものなのですが、
(そして、予想通り、下降していったわけですが)
キラ選手が加入して以来の広島打線は、変わりましたね。

そして、ノムケンの采配も(不思議と)的中するように(笑)
まぁ、楽天においてのジョーンズ、中日おいてのルナ、そしてDeNAにおいてのブランコ。
頼れる強打者の存在はチームに息を吹き込むわけですね。
まぁ、なんだかんだで巨人が圧勝したのも阿部+村田の存在が大きいでしょうし。

投手陣も、「あの騒動」で野村(投手)あたりが揺れていた時期もありましたが、
最終的には巨人の内海投手等同様、持ち直したと思います。
(最後まで駄目だったのが、巨人の宮國投手や、日ハムの吉川投手だったのかな、と。

閑話休題。

雑魚(失礼)の阪神は何とかなりましたが、問題の巨人戦が後に控えています。

巨人では、「一敗」のハンディキャップがあるものの、
今の調子で行けば、勝てる、かも、知れません。
終盤の広島は、巨人をカモにしていたところがありますからねぇ。
(まぁ、あちらも調整試合といった意味合いが強かったとは思いますが)

でも、僕個人としては、「楽天VS広島」が見てみたいですね!
赤VS赤ですよ!
恐らく、どちらも、最初で最後のチャンスだと思いますしね!!

「マー君VSマエケン」の3対3で迎える日本シリーズ最終決戦とか、
見物すぎてどうしようもないですね!
(まぁ、かぁなり、現実的じゃあないんでしょうけれども…)

追記「惨敗」。

…駄目でしたね…。
楽天も負けちゃったし。
いやぁ、どうなるんだろ。


PAGE TOP