[XperiaZ1/Z/Honami/mini]Xperia Z Ultraも?9月4日の発表会が迫る。期待は大きいが、はたして、Z発表の時ほどの感動が再び起きるか?

2017年3月11日

SONY「新型Xperia」日本時間9月4日23:15に発表 Xperia Z1(Honami)の発表はほぼ確実
→現在、速報が出ています。どうやら、Z1という呼称みたいですね。パープルなメタルフレームが美しいです。(参考サイト:速報:ソニーIFA 2013プレスカンファレンス
→(2013.09.11:追記)
どうにも、
XperiaZは試作品(零号機)で、XperiaZ1が完成系(初号機)という位置づけみたいですね。(参考:ソニーモバイル田嶋氏が語る「Xperia Z1」とXperiaのこれから)
これから、Zシリーズとして、弐号機(Z2?)、参号機(Z3?)と出て行くのでしょうが、ますます今後のラインナップが気になるシリーズではあります。「Z0(ゼータゼロ)」で人柱になった方々、「乙!」って感じではありますが(苦笑)
→(2013.09.18:追記)
早速、新しい情報が出ました!買い替え時を間違えないようにしましょう!
…まぁ、手にもった感触とデザインが気に入ったら、即、レジにGOしてOK!?
[Android/SONY/Xperia Z2]Android 4.4(KitKat)から、ついに64bit対応との噂。それと同時に、Xperia Z2の情報も流出!!

…というか、Z1の発売日は今月なのですね。
んー、三ヶ月ほど後のモデルを買おうかなぁ。

いや、iPhoneに対抗してのことなのだろうけれど、ちょいと時期が悪いかも。
やはり、初夏か、冬(11月〜12月)ぐらいが買い替えにはちょうど良い気がします。僕のAndroid(SHARP)も、冬に二年縛りが切れますしねぇ。

<以下、余談。>
スペックは、リーク情報と大体同じようです。…後は、どこから発売されるか、ですか…。
あ、あと、「SmartWatch2」というのが発売されるようですね。
…とは言え、以前盛大に転けたプロダクトの一つではありますが、これがスマホにとって変わることがあるのでしょうか。
見物ではあります。AppleやGoogleが「今さらやろうとしているから〜」みたいな後乗り感が酷いのが難だけどね。
…あと、デザインもちょいダサいか…。
<以上、余談終わり。>

とはいえ、最近気になっているのは、5インチのものより、やや小型な方だったりします。
Xperia Z1 honamiの小型版、honami miniとみられる端末が技適を通過

…多分、どちらにも需要はあるとは思うのですが。

違いとしては、
「5.0→4.3インチ」になっていることと、「FHD→HD」になっていること。

スペックやデザインは、そう変わらないようです。
※リーク情報では、という話。

以下、共通項。

CPU 2.2GHz
ROM 16GB
RAM 2GB
カメラ 2000万画素以上
防水防塵
トリルミナス ディスプレイ for mobile

正直、画素数なんて気にならないレベルではあるので、気にしなくてもいいかも。
ただまぁ、作業領域としては狭まるのは確かなので、その辺ですね。ゲーム主体の人には関係なくとも、ミラキャストとか駆使して、文書作成とかまでしちゃう猛者にとってはつらいでしょう。…その余力があるならノートPC買えよと突っ込まれるかも知れませんけどね(笑)

閑話休題。

恐らくは、ですが、docomoにはXperia Honamiが、auには、Xperia Honami miniが発表されると僕は踏んでいます。なぜなら、小型の端末がauには無いのに対し、docomoにはXeria Aというヒット商品が既にならんでいるからです。同じようなタイプの商品を、シーズン続けて出すというのは少々考えづらいのではないでしょうか。まぁ、少なくとも僕がマーケティング担当ならそうするでしょう。…でもまぁ、docomo向けにリリースするっていうのがリーク情報ではあるんですよねぇ…、いや、予測外したときの恥ずかしさったら、もうね…。

あとの問題は、Xperia Z Ultraの存在ですね。…こちらに関しては、auは確定のようですから、もしかしたら、auだけで出るのかも知れませんし、docomoも出るかも知れません。ちょっと、読めないですね。個人的には、softbankやwillcomといったこれまでローカライズされてこなかったキャリアにも眼を向けて欲しい所。…そうなれば、Xperia Z UltraとiPhone5Sで組み合わせる事もできそうですねぇ。…まぁちょい邪道ではあるかもだけれど…。

最近のAndroidは、本当にiPhoneのようにヌルヌル動くようになってきました。
ソフトウェアの進化というのも勿論あるのでしょうけれど、ハードの力が圧倒的なんだと思います。多分、(iPhoneと比べて)4倍〜5倍ぐらい違う。だからこそ、動作が遅い事で定評のあったAndroid(というよりJava環境)であってもヌルヌル動くのでしょう。まぁ、幾つかの潜在的な問題点はちらついてはいますけれどね。まずは、アプリのセキュリティ面、さらには、機種によって違うタッチやフリックのディレイ(個体差)、この辺がもうちょい落ち着けば、iPhoneなんて目じゃないって感じになると思います。…あ、あと、SHARPとかの致命的に悪いデザイン力もか(何をか言わんや)。…こう考えると、ほとんどWINとMACのような論点になってきましたね…。

とはいえ、ここから上の進化は、蛇足になりかねない(というかなってる?)域ではあるので、デザインが気に入って、スペックと価格に妥協できればそれで良いんじゃないでしょうかXperia Aとか、発売前は「劣化Z」とか言われてたけど、もう完璧(殆ど無駄が無い)ってレベルですしね。…そういえば、Xperia Aが4.2にアップデートできるようになったみたいですね。いやぁ、さらに死角が無くなってしまいましたね。

とりま、今季の機種においての一番のウリはLTEの通信速度向上でしょうか。
CPUが強化されたことで、様々なことが可能になってきました。
まぁ所詮は、ベストエフォートですし、大して影響ないっちゃあないんですが、MAX150MBというのは、実に心躍る数値ではあります。…いやだって、下手な光より早いんですよ?…これで、7GBやら3GBやらの利用制限さえ取り払われてしまえば、家にある無線LANとかマジで必要ないレベルです。
てか、正直、僕は月3GB程度しかネット使わないんで、ライトプランで十分だったりもします。今となっては、家にインターネットが無くて困るのは動画観る人やネトゲ(MMOとか?)する人ぐらいなんだろうなぁ。…とまぁ、そんなことをば、思ったり。デザリングって偉大です。


PAGE TOP