[ツートップ戦略]結局、どれも同じようなものなら、安い方を選ぶってだけの話じゃない?

それでも純減したNTTドコモの「ツートップ戦略」は失敗だったのか?

docomo P-03E ゴールド ELUGA P 白ロム

docomoが純減している理由が、
至極まっとうな理屈で解説されてました。

「他キャリアの方が安いからそちらに移る。ただそれだけ。」

…うわぁ、身も蓋もねぇ。

まぁ実際、「Xperia A」、安かったから売れただけで、「Galaxy 4S」より高かったら、全く売れていなかったでしょうねぇ。何せ、単純な性能や見た目だけなら、「Arrows NX」や「Eluga P」が売れて然るべきなのに、価格が高いからというだけでイマイチ売れていませんでした。初心者ユーザにとって、どれだけ値段のアドバンテージというのがデカイことか。
今頃になって一律5千円の値引きをすると言っていますが、PanasonicやNECといった、苦境の各社は既にスマホから手を引き始める準備をしているようですしね。

とはいえ、売れそうなものにリソース(ヒト・モノ・カネ)を投入するのは当たり前と言えば当たり前なので、docomoを責めると言うのはお門違いのような気はしますけどね。

…まぁ、これからは(3大キャリア時代は終わり)徐々にキャリアフリーになってくるでしょうし、そもそも「スマホ≠電話(番号)」になってきている気もします。スマホで電話とか、定額の時間以外絶対にしないしね。LINEとかも、ねぇ。

…そう考えれば、脱キャリアになるというのは良い流れなのかも知れないです。正直、どこか1社ぐらいはガラケーに拘って欲しいですけど、それは別にdocomoじゃなくて良い気もします。んー、Willcomとか?


PAGE TOP