[橋下徹/国政]そもそもにして、石原慎太郎が組むべき相手じゃない事ぐらい解っていただろうに。

2017年3月11日

慎太郎氏が橋下市長に「終わったね…この人」

んー、今さら感はあります。

というか、元々石原慎太郎さんって凄く人気がありましたよね。
そう、”売国奴”とまで呼ばれた橋下徹とくっつく迄は。
(参考:橋下氏「尖閣も北方領土も共同管理を」)

とは言え、橋下さんも、例の「共同管理発言(上記引用記事参照のこと)」までは、それなりに支持を持っていたものです。…結局、彼の発言はどれもこれもが正論なのですが、それゆえに当然鼻につく部分もあるわけですね。

まぁ、率直に言うと、利害が絡む場合、でしょうか。とかく、慰安婦発言等では、殆どの人には実害(というか関係?)が無いですから、現実的に米国や世論の反発が起きる迄は橋下さんの良い訳は放置できたし、むしろ支持もされていわけですね。けれど、反発が起きて、実害が及びそうになった瞬間「やっぱり橋下さんの発言はおかしかった」となる。

…どれだけ、無責任というか、B層って呼ばれる人たちはポリシー(信念と言い換えても良い)がないのでしょうか。橋下さんを迎合しかしない無能だ、と批判する人も多いですが、多分に、そういう批判をする人も、自分の利益や誇りが第一になっている方が多いのだと思います。

ちょっと気に喰わない発言をしただけで「こいつは無能だ」と決めつけたり、ちょっと体の良い発言をしただけで「やっぱりこいつはできるやつだ」と手のひらを返したりもする。いい加減、その安っぽい正義感を引っ込めて、冷静に考えられるようになりませんか。ネトウヨ、というか、反韓感情を持つ人にしてもそうです。僕だって韓国は嫌いです。というより、韓流が嫌いです。なんかネチネチしてて気持ち悪いし。でも、何でもかんでも、話題を韓国に持って行って掲示板はニュース記事を荒らすのはいかがなものでしょうか。うーん、それこそ韓国人のように見下されてしまうだけだと思うのですが。(海外の人の眼から観てどう映るのかをよく考えてください)

さて、やや脱線しましたが。

ともかく、橋下徹という人には「歴史観」とか、「ポリシー」だとかいうのは無いのでしょう。単純に今ある問題をラディカルに解決する手段を正論で提示しようとする。
一方の石原慎太郎という人は、「歴史観」と「ポリシー」の塊のような人で、国益さえ無視して、これらの問題を希求する事で支持を集めてきました。

お互いのメディアの使い方は百八十度違っていた訳ですね。しかし、共通点はあります。
「どちらも、政策や意見が現実的ではないということです」
現実に即していない事をただひたすらに言い続ける訳ですから、政治家向きではあるのでしょう。
大衆は見事に騙されます。
けれども、結局、それらの殆どは無意味か、一定の効果は上げる見込みはあるものの急進的ですから、結局うやむやに終わってしまう。夢だけ見せて、夢半ばで退場してしまう。

ほんとに、大阪府政にしても市政にしても、やる事は画期的?なのかも知れませんが、現実的な益にはなっていませんよね?赤字は減るかも知れませんが、幸せ度は減ると言った具合です。
…まぁ、そこは石原さんは若干違ったわけですが…東京オリンピック(笑)とかはねぇ。

スポンサーリンク