[SONY/XperiaHonami/XperiaTogari]平井一夫社長の示す「最強の商品」とは?…もしかして、噂の2.3GHzCPU&2000万画素カメラ搭載の4Kスマホのこと?

2017年3月11日

ソニー復活のカギはスマホ 自信の平井社長「最強の商品を投入する」

これについて、恐らく、ファブレットの「Togari」と、超高性能スマホの「Honami」であると噂されています。

両機種の最大のウリとされているのは「Snapdoragon 800」が搭載されていることです。”2.3GHzクアッドコア”という、割と巫山戯たスペックを誇ります。

また、Honamiは、

「”2000万画素“超高性能カメラ」や、
「”TRILUMINOS”4Kディスプレイ」もウリのひとつようですね。

…Xperia Z(1920×1080)の4倍の画素数を誇るディスプレイらしいですから、いや、末恐ろしい。
恐らく、このXperia Honami、つまり4Kスマホ、PS4、及び4Kテレビ、4Kパソコンで絡めてくるのでしょう。
…平井一夫社長、流石です。
マーケティング戦略と良い、プレゼンの仕方と良い、第二のジョブズって感じですねぇ。

恐らくTogariも同じようなスペックになるでしょうから、
どちらか、或は双方買うのがお得ということになるのでしょうか。
(恐らく、”2000万画素”超高性能カメラはHonamiのみかと)

なお、Honamiは5インチ、Toagariは6.44インチとされています。したがって、どちらも買うメリットは薄い気はします。
(どうせ買うなら、”Xperia Tablet”のような本格的なものの方がまだ良い)

まぁコンセプト的にはZに近いのでしょうから、

Xperia Aを通話&デザリング用に買っておいて、「Xperia Togari Wi-Fiタイプ(ファブレット)」を買う!

これがコストパフォーマンス的には一番お得そうな感じがします。
…”2000万画素”超高性能カメラだけ足りなくなる計算なのかな。

でも、1.2〜3倍にはなりますし、”中途半端な大きさのスマホでも気にならないぜ!”という方は「Xperia Honami」を選択すれば良いでしょうか。…正直、Xperia Zクラスの大きさ(5インチ)だと、ちょっとねぇ。
Xperia Aとか、本当に手頃だったのだけれども。

<追記>
ソニーが「最強のスマートフォン」投入へ、新型Xperia「Honami」に現実味
SONY「Xperia i1 Honami」まとめ

…やっぱ、これ買うしかないよなぁ。最悪、白ロム「Xperia A」との二台持ちも考慮に入れておこう…。

<追記の追記:6月25日>
ソニーモバイル、6.4インチディスプレイ搭載の「Xperia Z Ultra」を発表

「Xperia Togari」きましたねぇ。

予想通り、「Snapdragon 800」搭載との事で、2.2GHz。
画面も6.4GHzとのこと。

やや大きいですが、「Nexus7」よりも小さいですし、デザインも良いし、スペック高いし、と言うことなしですね。…後は価格だなぁ。2万円を切れ!とは言いませんが、せめて3万5千円は超えて欲しくない所…。

スポンサーリンク