[野球/阪神]復帰戦で能見篤史投手が脱帽のHR&Win!!投攻守において他を圧巻する存在力を発揮した一戦。

2017年3月11日

・能見大暴れ「高校2年以来」一発&完投2勝目
43歳斎藤 日本2768日ぶり白星、故郷で復帰
・ダルの「完全未遂」が月間最優秀ピッチングパフォーマンス賞に

ゴールデンウィーク最終日となった昨日は、野球ファンにとっては嬉しいニュースが続きました。
まぁ阪神ファンの友人と、小一時間話し通しになるぐらいには(笑)

昨日の能見篤史投手、本当に凄かったです。
一、二回は復帰直後だけあって、正直、全然駄目だったのだけれども、坂本選手(巨人)からHRを打たれた後は、一転して全く隙のないピッチングになってましたねぇ。あとはまぁ、送りバントの処理で、普通なら無難に1塁に投げるところ、無理な体勢から反転して2塁に投げ、かつアウトにしたところでしょうか。あれには「サスガデス、ノウミサン」と、脱帽せざるを得ませんでした。要は、三回以降、二塁を踏ませなかったってことですからねぇ…。

まぁでも、昨日はピッチングよりも、思わず「はぁ!?」とまで叫んでしまったあの鮮烈なHRの方が印象的でしょうか。
…いや、すごいですよね。
確かに、昨日はバッティングにも気合いが入っていたのは何となく感じていたのですが、
ピッチャーであそこまでフルスイングする人、というのは最近中々見ないですからねぇ。
(中日の中田投手とかぐらいかな?まぁあくまで最近TVで見た中でだけれども)

…というか、努力、してたんですねぇ。
セリーグの投手が、どれだけバッティング練習をしてるか、というのはあまり解らないのですけれども。
噂の大谷翔平投手は、二刀流に拘らなくても、能見篤史投手のようにバッティング練習を欠かさずしていれば、いざという時には十分打てると思うんですよねぇ。…まぁ、昨日の試合の裏で、4打席2三振、2凡退、という結果でしたしね。彼も復帰戦だったわけですが、能見篤史投手とはエラい違いです。もちろん、ベテランとルーキーの違い、と言ってしまえばそれまででしょうけれども。

それにしても、今年の阪神タイガースは本当に面白いです。
まず投手陣。防御率ランキングにおいて(2013年5月7日時点では)1位、6位、8位が阪神タイガースで占められています。
具体的には、榎田大樹投手、藤浪晋太郎投手、能見篤史投手の三人ですね。さらには、防御率は14位ですが、勝利数がトップタイ4勝無敗のメッセンジャーさんもいますしね。
後は、中継ぎ、抑えさえ機能してくれれば、もっと勝率が上がる事でしょう。
(…藤川球児投手がいなくなったことが、本当に悔やまれる…)

また、打者陣。本塁打数こそ少ないですが、打率が本当に良い。
打率ランキングにおいて(2013年5月7日時点では)2位、5位、8位、13位、15位が阪神で占められています。つまるところ、三分の一ですね。具体的には、マートン、西岡剛、大和、新井貴浩、鳥谷敬の5選手ですが。…いや、末恐ろしい。

まぁ、総合的に見れば、巨人が一番恐ろしいのは間違いなく、ブランコ&中村に関してDeNAが突出して打撃が良いのは確かなのですが、地味に強いのが阪神なんだということですね。こっからさらに新井兄弟が調子を上げてくれば、手をつけられなくなるぐらいには強くなるんじゃないかなぁと。

…結局、交流戦が勝負ですよね。ここで有償の趨勢の二〜三割が決まってしまう気がします。巨人はここで調子を上げて今に至る訳ですが、巨人を追い落とすのもここが勝負です。他のチームにも頑張ってもらいたいものですねぇ。

追記(2013.05.07)
虎・新井貴2打席連発&スタン2年ぶり完封! 巨人と3.5差接近
飛ぶ鳥落とす勢いというやつですねぇ。
“あの”5月の杉内を相手に2HRって。
(参考:【野球】杉内って本当にミスターメイなんだな
このまま3タテを期待したいところ(笑)

追記(2013.05.08)
神様桧山決めた!G3連戦3連勝
3タテ来ましたねぇ…。
8回の伊藤隼太の2ランで決まったかと思いきや、でしたから、ほんと、長い一試合でした。
そして、試合を決めたのはベテラン桧山の一振り。
…正直、打つとは思っていませんでした。
すいませんでした…(土下座)

ほんと、今年のセ・リーグは面白いな。

また、日本へ帰還して初めての登板だった斎藤隆投手。
四球が多く、満塁になった時にはひやっとしたものですが、松井さんがやってくれました。
あの場面で満塁弾ってね。打たなきゃ男が廃るってなもんでしょうが(笑)

今後の楽天の貧弱なリリーフ陣の救世主ともなり得る存在なので、
(まぁいつもいつも昨日のようにはいかないでしょうし)
是が非にも、日本のマウンドの感覚を取り戻してもらいたい所です。
そのためには今回のような打線や守備の援護も必要なのかなぁと。

…ダルビッシュ投手に関しては、特に言う事はないですよね。
もはや余地すらないというか(滝汗)
ただただ凄いなぁとだけ。
日本のような打たせて取るタイプのピッチングでは、”勝ち”は取れても、”お金”は取れませんからねぇ。
三振やHRは見ていてスカッとするわけで、あくまで”興行”である野球においては、結果よりも、そういう部分の方が、むしろ重要じゃないかなぁと最近は思ったりもしています。(特に”今年の統一球(笑)”になってからは)

…ああでも、あの立ち上がりの悪さだけ何とかならないものかなぁ。
あれさえなければ毎試合危なげなく観れそうなのだけれども。
とは言え、隙がなさ過ぎる投手というのもつまらないですし、
あれぐらいのムラがあった方が、味があって良いのかも知れません(苦笑)


PAGE TOP