[野球/広島] 打撃の神様こと前田智徳が死球で骨折か。引退危惧も。

2017年3月11日

広島・古沢コーチが退場、警告試合に!前田智 死球に怒声

あの、天才イチローや怪物松井でさえ憧れたバッターに対してのこの仕打ち。

若い(25歳)江村投手じゃ、立ち直れないんじゃないかな。
(…しかも、ルーキーだったみたいですね…)

…なんというか、呆然としてたよね。
(→参考動画

まぁ、死球なんていうのはよくあることではあるのでしょう。
しかし、危険球に近い球を連続で放られ、
しかも彼の生命線とも言える左手首に当たってしまったのではね。
(てか、ファンからのバッシング、すげぇ…)

…骨折の疑いで病院へ搬送、とのことでしたし、なおさらに。
→やはり、骨折していたようです。しかも、長期離脱は避けられない、と。

…広島の希望の光が…また消えて行く…。

<補足>
前田智徳選手は、幾度もの故障によってポテンシャルを奪われ続けてきた苦労人です。そして、1990年代後半、2000年代後半と、チームでの立ち位置の偏向を余儀なくなされてきました。
(具体的には、トップバッター→巧打者→代打の切り札)

それでもこれまでは、アキレス腱の断裂など、比較的、
自分自身の、かつ不可抗力による怪我が多かったと思います。
…しかし、今回は、他人のミスによる被害(しかも骨折て…)です。その気持ちは、年齢(41歳)と相まっていかばかりのものでしょうか。

…まぁ、好きな選手の一人なので、考えたくはありませんが、
「引退」の二文字が視えてしまったのは、僕だけではないでしょう。

それに加えて、広島の勝率が、二割は減った瞬間だとも思います。WBCの時の井端神もそうでしたが、神・前田智徳はそれと同種の存在なのです。(或はそれ以上かも知れません)

うーん。(特に)若手に奮起してもらいたいところではありますが…。大谷翔平外野手や藤浪晋太郎投手、菅野智之投手等のルーキーが話題で持ち切りの他球団と比べると(特に野手が)やや元気無いからなぁ。話題になるのは、せいぜい堂林君ぐらい?まぁ、確かに若手ではあるのだけれども(笑)

スポンサーリンク