[コラム/1st]Javaとはなんぞや?いや、そもそもプログラミングとはなんぞや?

※このコラムは、
 「Androidアプリとか作ってみたいけど、なんか俺とは無縁の世界じゃね?」
 って人向け(ようは初心者向け)です。
 …正直、上級者の方は、「は?巫山戯てんの?」とか思うかもしれません…。

“Java”というのはプログラミング言語の一つです。

“Androidアプリ”はJava言語で書かれています。
なので、Javaを知らずしてAndroidアプリを作ることはできません。

大工さんで言う所の道具や工具が無い状態です。
どんなに良い技術や材料を持った大工さんでも、
玄能(釘を打つ道具)や鉋(木を削る道具)等が無ければ、
家を組み立てることはできませんね。

そうした意味では、アプリ開発者に取って、
材料が”イラスト”、技術が”アプリデザインテクニック”、
そして玄能や鉋が”プログラミングスキル”と言えるでしょう。

家(アプリ)を組み立てる為にはまず道具(言語)の”意味”と”使い方”を知らなければいけません。
次いで、組み立て方のコツを、”使いながら”覚えましょう。
そして最後に、アプリ用の”デザインのコツ”等も扱っていけたらと考えています。
(大体半年〜1年ぐらいの連載になる予定です。更新予定日は、月曜日か金曜日を予定。)

来週から約1ヶ月、まずは言語の”意味”と”使い方”をじっくり解説していきたいと思います。
ああいや、まずはその前にEclipse(Androidアプリの主な開発環境)をインストールする所からですねぇ。

【関連書籍紹介】
わかりやすいJava入門編
(Java言語に関してはこの本が最も簡単、かつ、優しいです)

スッキリわかるJava入門
(ちょっと前に話題になっていたこの本もオススメ。Androidアプリを作ることが前提に作られている点も○)

※どちらの本も買う、という選択肢はオススメしません。あらゆるコストが”二度手間”になるからです。
 本を読むことに慣れている方には”上の本”、コミックにしか触れていない方には”下の本”をお勧めします。
 (基本的には、図画が主体の、”下の本”の方が人気のようです。
  初めてプログラミングに触れる方には、下の本の方がより良いでしょう。
  オブジェクト指向そのものが苦手(或は不明)な方にもオススメです。)

スポンサーリンク