[MVNO] スマートフォンを安く使える?アングラだと侮るなかれ、その実力。

2017年3月11日

・月額1,000円台でスマホを使う【端末選び編】
「ほぼスマホ」が狙うもの、MVNOの主戦場はスマホ?

スマートフォンの維持費って、大体どれぐらいでしょうか?

5千円?7千円?1万円?
…まぁ、プランにもよると思いますけど。

僕の父(iPhone5/softbank)は、大体9千円ぐらいです。
(内訳:基本料金:6800円+保険:500円+他社キャリアへの通話料:1700円前後)

…高いですね。
仕事柄、他社キャリアへの発信が異常に多いことがさらなるネックとはなっているようです。

…一方、僕(iPhone4S/softbank)は、6千円ぐらい。
(内訳:基本料金:6000円+SMS:20円前後)

僕の知り合いは、大抵がsoftbankなので、昼間(1:00~21:00)は「無料」ということになっています。
どうしても、他社や深夜帯ににかける必要がある時は、IP電話↓を使っていますね。
…爆安なので(携帯電話の半分ぐらいの値段でしょうか)。
※Skype等のVoIPについては、僕は導入しているのですが、相手方が誰一人使っていないので放置してます。

今回の記事では、白ロムを用いて、月額を千円以下に抑えようというものでした。
できるかできないかで言えば、できるのですが、
普通のユーザは怖くて躊躇してしまうのではないでしょうか。
というか、初期費用(白ロム端末代)が5万円前後と高く、
さらには「中古」ということで、まず「コストの面でリスキー」だと感じてしまうのでしょう。

そして何より、「これって違法じゃないのか?不正じゃないのか?」という罪の意識がある気がします。
結局、この罪の意識(?)がいっそうの購買意欲の減退をもたらしているのではないでしょうか。
(参考記事:白ロムスマートフォン・携帯電話って違法ではないです

しかし、このようなリスクをとっても余りあるメリットは、あるわけです。

僕の例で言うと、月6千円であれば、「1年で7万2千円、2年で14万4千円+諸経費5千円前後」。
→15万円。
父の例で言えば、月9千円なので、「1年で10万8千円、2年で21万6千円+諸経費5千円前後」。
→22万円。

一方、月千円ならば、初期費用5万円として、1年で6万2千円、2年で7万4千円です。
…これを、高いとみるか、安いとみるか…といったところでしょうか。

ちなみに、先の記事で出てきた日本通信さんが、恐らく最も有名なMVNO(仮想移動体通信事業者)でしょう。
基本的に、ここに頼めば問題無いはず。
→詳しくは、こちらで確認してみてください。

なお、980円のプランであれば、殆ど通話とメールぐらいにしか使えません(通信速度、150kbpsて…)。
ネットに関しては、Wi-Fi頼みになります。
(一応ターボ機能(100MB等)はあるようですが、それを希望するなら、
 初めからキャリアに頼った方が特かも知れません。)
→「ほぼスマホ」参照のこと

ビジネスユーザ向けなのかなぁ、とは思うのですが。

…尤も、どうしても「スマートフォン」に拘りたいんです!という方でもない限りはおススメはしません。
個人的には、通話用のWillcom端末と、タブレット(或はファブレット)端末の組み合わせをおススメしています。
Nexus 7」や、「iPad mini」などですね。

回線は、当然WiMAXで決まり。
(詳しくは、過去記事で解説しています)

それでも、スマートフォンはオールインワンで色々なことができるというのがウリなので、
そこに魅力を感じるなら、白ロムを用いてでもスマートフォンに拘るというのもアリなのかなと。

…個人的には、「Xperia ZL↓」がイチオシ。日本で売ってないですし、レアですよー。

(…若干、高いけどね…)


PAGE TOP