[野球/阪神] 藤浪晋太郎投手が6回2失点で、ホロ苦、敗戦投手デビュー

阪神藤浪、6回2失点で負け投手 ヤクルト戦で最速デビュー

大谷投手がおとついあたりにデビューして話題になっていましたが、藤浪晋太郎投手もついにデビューです!
(正直、オープン戦の段階では、この展開は予想してなかった!!)

負け試合とは言え、2回以降(1回は、新井良選手のエラーでちょいとリズムを崩しちゃいましたが…)は圧巻の投球だったと思います。
「高卒ルーキー史上最速」というフレーズは伊達じゃあないですねー。
正直、(ポテンシャルはおいといて)投手としての実力は、大谷投手よりも数段上だなぁ、と感じました。
勝ち方を知っているというかね。そんな感じの投球スタイル。

今回の試合の敗因は、7〜8割方…打線のせいでしょうか…。
何と言うか、空回りしていたイメージ。
ヒットの数では、7本と、ヤクルトの5本よりも勝っていたのにねぇ。
でも、その片鱗はきっちりと魅せつけてくれた藤浪晋太郎投手。

次回の登板がいつになるかは解りませんが(中五日ぐらい?)、
その時は野手陣にも頑張ってもらいたいところ。
(※ちなみに、今日は大谷翔平投手の登板はありませんでした

スポンサーリンク