[ThinkPad Tablet 2] ThinkPad シリーズはいつ見ても実用的で美しい。

7万円は高いのか? Win 8Pro搭載「ThinkPad Tablet 2」は“仕事向け”なら筆頭候補

スペックは以下の通り(※ハイエンド向けです)。

Lenovoダイレクト価格:74,550円
OS:Windows 8 Pro (32bit)
チップ:Intel® Atom™ Processor Z2760
CPU:1.8 GHz
セキュリティー機能:NFC
RAM:2GB(LPDDR2 800MHz)
フラッシュメモリ:64GB
ディスプレイ:10.1型ワイドIPS 液晶(1366×768ドット、1,677万色)、マルチタッチ(5本)対応
内蔵カメラ:あり(フロント:200万画素, リア:800万画素)
本体カラー:ブラック
本体サイズ:262.6x164x9.8mm
本体重量:約570g 約600g
使用時間:約10時間(WiFi使用時)
充電時間:約3-4時間(ACアダプター)
主な付属品:ACアダプター、タブレットペン
初期ソフト:Symantec AntiVirus, SugarSync, Accuweather, Evernote, Evernote Skitch, Amazon Kindle, Nitro Pro 7 PDF, Skype等

レノボ「ThinkPad Tablet 2」は、言うまでもなく、IBM の 「ThinkPad シリーズ」が基になっています。

SI(システムインテグレータ)系や一定以上の規模の企業(要はきちんとしたITの知識がある人が物販管理に当たっている企業)に勤めた経験がある方ならご存知だと思いますが、職場のパソコンの7〜8割はこれらのシリーズか、HP(ヒューレット・パッカード)社の「ProBook」等がその殆んどのシェアを占めています。
…というのも、「無駄が無いので、使い易く、その上安い」からです。

例えば、BDを観る機能は業務には(基本的には)必要ないし、ワードやエクセルを使う事だって滅多に無い部署が多いなら、初期装備にする必要も無いでしょう。そう考えたとき、こうしたフラット(何も入ってない)なPCはメーカの強みとなります。

また逆に、一般の企業にとって、国産メーカのものは、
あまりにも「付加価値が強すぎて、業務には適さず、その上高い」という最悪な端末と言えるでしょう。

ですから、ビジネスユーザが国産のハイエンドWindows端末に触れる機会は減り続けています。
…僕のように、仕事でMacを使っているうちにMacの良さが気に入って乗り換える人もいるぐらいですしね。
(そもそもWindowsが流行ったのもその辺だったと思いますが)

さらには、Windows 8になってからの「使いにくさ」たるや、半端じゃあないです。
(過去記事:Surface RT は使い物になるか?)

とはいえ、こうした変化に対する慣れも、少しずつであれ、していかなければならないのも事実です。

…そんな時に、
信頼のおけるメーカから、”いかにもなモデル”が発売されるのは、ビジネスユーザにとっては喜ばしいことだと言えるでしょう。
※なお、僕は実体験から、Apple、Lenovo、HPは絶賛し、NECと富士通はお薦めしないことにしています。

確かに国産のソフト(筆ぐるめとか?)が入っていないのは、一般ユーザにとってはやや不便に思う事もあるかも知れません。
特に初期設定をするのすら億劫に感じるノンデジタルな世代ならなおさらだとは思います。
…しかし、いつまでもそこで立ち止まる必要もないわけで、この機会に、「フルカスタマイズ」の面白さを体験してみるのも良いでしょう。

[雑感]
スマートフォンのように、キャッシュバックとかつけば買っても良いんだけどなぁ。
光と抱き合わせとかだと3〜4万のキャッシュバックとかざらだし(国産の場合だけど)。
7万で、タブレット(っぽいの)は高いかも。

んー、仕事用に1台、本格的なWindows8が欲しいと思っていた事だし、一応候補に入れておこうかな。
(キーボードが別売りというのが、何とも(笑))

…とはいえ、タブレットだったら、「Xperia Tablet Z」の魅力が半端じゃない分、Windowsに拘る必要性を感じられなくなった以上、ちょいと分が悪いかもなぁ。

んー、、、悩む(笑)

…現状の構成予定は以下のような感じ。

Xperia Gaga(Androidスマートフォン) + Xperia Tablet Z(Androidタブレット) + ThinkPad Tablet 2(Windows8 PC) + MacBook Pro Retina(Macintosh PC)」

まぁ、丁度どれも買い替えの時期だしねぇ。夏ぐらいまでには揃えたい。
計…25万円ぐらい?
今春は、例年より多くの仕事をこなさないとだけども(苦笑)。

<追記>
キャッシュバックといえば、こんな記事もあった。
“高額キャッシュバック、iPad miniプレゼント――MNP契約特典に潜む怖い落とし穴”

“購入するための前提が他社からのMNPだけではなく、端末価格で好条件を提示しているショップのなかには、20~30個ものオプションへの加入を義務付けているところもある”
“2台同時のMNP契約が端末値引きの条件で、人気の最新スマホと不人気のスマホをセットで契約しなければならないケースやフォトパネルの組み合わせが必要なケースが多い。”

怖…。

Xperia Z を買う為に、キャッシュバックサイトを探しまわってたんだけどなぁ。
…まぁタダより高いものはないってことかな。
特にネット上での携帯電話契約には気をつけたいところ。
(つか、やっぱ多少値は張っても信頼のおける近所のショップに頼むのが良いんかな)

…やっぱ、白ロムで我慢するか…。


PAGE TOP