[WBC] オランダ戦、負けても良い試合だからって相手なめすぎ

大隣、4者連続空振り三振ショー/WBC

大隣は、いつも通り(らしいですよ?)最初に1点取られて、
その後安定しました。
(詳しくは上記記事参照のこと)
その後も、田中、せんとくん(澤村)まではかなり良かったと思う。

…一方の中継ぎ&抑え陣は、相も変わらずぽこぽこと打たれてました。
てか、打たれても無いのに替え過ぎかなぁ。
まぁ使ってない選手を使ってあげたい、って気持ちも解るんだけどねぇ。

それにしたって、ピンチの時にも絶対に替えないっていうのはどうにもね。
…正直、何の為の中継ぎなんだろう。
イニング毎の継投とか、あんまり聴いたこと無いよ。
普通は、打者や状況に合わせて、という感じだろうに。

…とまぁ、普通の試合だったらツッコミまくること多数な心境でした。
負けても良い試合だったからってのは、耳タコなんですけどねぇ。
どんな状況でも相手に対してできる限りの全力を尽くすというのが、
日本人の好きなスポーツマンシップではなかったか。
…と、まぁ思ってみたり。

人によって考え方は違うんでしょうけどね。
とりま、山本監督は「傲慢だな」という印象は拭えないです。
ヤフコメなどを見てみると、
「勝てば官軍的」なコメントが目立ったので、正直、イラッとしました。
しかも、山本監督、今後も続投だそうです。

うーん…ちょっとちょっと、
というのが、本音じゃないでしょうか。
…やはり、勝てば官軍なのか。

<追記>
打線は今日も好調のようでした。
調子云々というか、
桑田氏の「ドームラン」発言には吃驚しましたけどね(苦笑)
「阿部君は東京ドームでのホームランの打ち方を知っている」
…って、えー。
となるとやっぱり、東京ドームでは巨人勢は強いんですかねぇ。
…山本監督が執拗に巨人勢に拘る理由も、案外そこか…。

新・野球を学問する (新潮文庫)
(…桑田の解説、面白すぎな(笑)…)


PAGE TOP