[東日本大震災] 3月11日から、2年経ちました。米国より。

2017年3月11日

http://news.yahoo.com/recovery-slow-japan-marks-2-years-since-tsunami-062833461.html
ちょっと気になって、ヤフーの米国サイトに行ってみたのですが、
そこには、日本に対する激励や賞賛で溢れていました。

“Let us not forget the Fukushima 50, the workers who kept the plant from completely melting down and releasing unspeakably large amounts of radioactive material into the environment. They went back into the radiation over and over again so that many others could be spared. The Fukushima 50 face lives shortened by cancer and yet they did their duty willingly. Hats off to them.”
(意訳:私たちはフクシマ50という労働者たちを忘れないようにしましょう。彼らはプラントのメルトダウンによって想像を絶する大量の放射性物質が環境へ放出されるのを防ぎ、他の人が放射線から免れることができるように何度も放射線の中へ戻りました。フクシマ50は、癌によって生命が短くなることも厭わず、彼らは喜んで義務果たしました。彼らには脱帽です!)

“God bless the good people of Japan! You will overcome this.”
神は日本の善良な人々を祝福します!神はあなた方が震災を克服できるように助けるでしょう。

“I love the Japanese people. May God there be with you! ”
私は日本人を愛しています。神はあなたとともにありますように。

とまぁ、大方の人からは好意的な反応を頂いているようです。
当然なことかもですが、キリスト教圏なんだなぁ、と感じるワードが多いですね。

…その一方で、やはりというか、
沖縄の普天間問題や米国の友としての戦力を保持していないことが原因なのか、
“These people can teach us a lot about honor and self-sacrifice.”
これらの人々には、私たちの名誉と自己犠牲についてもっと多くのことを教えることができると思います。
写真で見る トモダチ作戦

“Meanwhile the donations (“Please donate for the Tohoku Recovery Program!”) continue.
I wonder what the donations are being used for.”
差し当たっては、寄付( “どうぞ東北復興計画のために寄付してください!”)を続けます。
私の寄付が復興のために(本当に)使用されているのでしょうか。

といった、やや不信感というか、
特に日本政府(民主党?)やメディアへの不信を露にする人たちが多かったです。
あとは、まぁ、やっぱり海へ汚水を流したことや、
自分たちの生態系への影響等への懸念を表明する人はいました。

…まぁ当たり前ですよねぇ。
あの事後報告とかには、ほんともう、ね。
あの時ほど管首相と東電を呪ったことは無かったです。
(あれって東電の独断なんでしたっけ?)

とりま、感覚として、
米国の方はほんと日本人に対して親しい友人として、
(或は尊敬するパートナーとして)接してくれているようでした。
いや、少し前に見た、
中国やら韓国やらのへのコメントとは随分対照的だなぁと、思ったり。

あと、ちょい本筋とはズレるけど、こんな記事も。
台湾「献花」で対日抗議=中国【震災2年】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130311-00000156-jij-cn
台湾への好感度がうなぎのぼりですね(笑)わかるけどさ(^^b

PR:人気声優・早見沙織さん主演の『R.D.G』。絶賛応援中!!

You Tube – R.D.G CM Movie


PAGE TOP