[WBC] 上原、というかメジャー選手が怒るのは無理無いが、

上原、マー君の“降格報道”に激怒「中継ぎをバカにするなよ」

野球に詳しくない人や、
日本の野球に特化している人にしてみれば、
こう考えるのも無理無いかな。

少なくとも、
野球ゲーム(パワプロ的な)等でしか、
野球を知らない層にとってはそうだろう。
(要は本当に野球をしたことが無い層)
…だって、基本先発と抑え以外使えないしなぁ。
まぁ、中途半端というか。

実際、TVにスター選手として登場してくるのも、
いわゆるエースか、
せいぜい抑えのエースの層ぐらいだろう。

玄人(メジャー経験者や識者)向けにしてれば、
確かにありえない表現だけれど、
一般人的な感覚としては正しいのかもしれない。
それと、日本の野球関与人口(※)の殆どは、
(※経験をした人たちや応援等で触れたことがある人たち)
高校野球までだろう。

となると、エース絶対主義の高校が殆どである以上、
中継ぎや抑えの立場というのはかなり低く見えてしまう。
…まぁ、プロにだってそういう考えの人は多いだろう。
やっぱり高卒出身の人は特に。

マー君とか、その最たるものじゃないかな?
少なくとも本人にしてみればそう考えているはず。
…とりもなおさず、それは外国の事情を知らないからだ。
というか、関心が薄い。

…まぁ、終局的に言えば、やはり、
「野球」と「ベースボール」では、決定的な違いがあるんだろうなぁ。
このチグハグなやり取り(?)を観ていると、心底そう思ったりした。

…まぁ、あれだね。
これは企業なんかにも通じるんじゃないかな。
仕事ができる人(エース)には残業してもらって、
できない人には仕事を与えない(或は、そもそも雇用しない)。
相対的に、仕事ができる人の負担が増え、格差が産まれる。
米国等でも、これは同じ。

しかし、米国と決定的に違うのは、
米国の場合、
人手を増やすことによって作業量を分散させていくのに対し、
(中継ぎを増やして対処する)
日本の場合、
有能な人(エース)に極力頼って、
どうしようも無くなった時に派遣社員(抑え)を投入しようとする。
(自分の前の職場が大体こんな感じだった。周りが派遣だらけ)
したがって、平の正社員(中継ぎ)の地位は相対的に落ちる。
というか、必要最低限居れば良いということになる。
コストがかかる分、派遣社員よりも地位が下がることすらある。

…この例えはやや乱暴かも知れないが、
全く的外れでもないだろう。
いい加減、エース絶対主義的なのは、
野球であっても、企業であっても、辞めるべきなのだ。
かといって、派遣(抑えや助っ人外国人)を増やせば、
良いってもんでも無いだろうけどねぇ。

<追記>
そういや、「韓国の予選敗退が決定した」ようですね。
やた。

闘志力。―人間「上原浩治」から何を学ぶのか
(上原…昔から、基礎スペックが低い(球速等の数値的な話)割に、凄い成績を残す人でしたっけ)

スポンサーリンク