[ギャンブル] パチンコ大国日本と、抑圧された韓国。

パチンコやりたい、日本へ 禁止の韓国から連日入店

日本において、最も主要なギャンブルと言えばパチンコだろう。
次いで、競馬、競輪、toto等が続く。
賭博麻雀等は違法なので含まない。

…では、パチンコが他のギャンブル(競馬等)と、
決定的に違う点は何だろうか。
それは「公営競技(公営ギャンブル)」ではないということに尽きる。

パチンコは、
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の第二条第一項第七号」
に則って、風俗店として、民間の企業が運営しているものなのだ。
※なお、ゲームセンター等もこの法律に則って作られている

要は、准公務員と、風俗店の兄ちゃんぐらいには違うっていうことだ。
うん。だから、パチンコは全廃して、公営(委託)カジノを作ろう、
という議論は決して間違ってはいない。

風俗店というのは、
風紀を乱す可能性があると認定されている存在、ということだ。
風紀を乱すというのは、中々に抽象的な言い方だが、
要は治安を悪くしたり、客に悪影響を与える可能性がある、ということだ。

パチンコ中毒者の成れの果てというのは、
ほんとにどうしようもない。
そんなことは周知の事実だろう。
なまじ、近年はマクロスやコードギアス、アクエリオン等、
キャッチーな台が増えてきた。
女性客やオタク層も増えてきたという。

…被害は甚大だ。
韓国で中止されたのも頷ける。
競馬や競輪等と違う最大の点は、
公営ではない分、
極端に金を出させようとする明確な意図が介在するという点だ。
…極端に言えば、「絶対負ける」ようにできている。
まぁそれを解っていてやっている人もいる。
だから質が悪いんだろうけど。

んー…どうかな。
パチンコは明確な悪だけれども、
企業と利用者の利害関係は合致しているっていうね。
…やらない人は俺みたいに「いらんいらん」って言えるけど、
ちょっとでも「いい目を見た人」は絶対に反対することだろう。
…まして、競技人口は異常に多い。

つまるところ、政治がこれを規制できない最大の理由は、
利権云々といよりかは、これを禁止する事によって離れて行く、
浮動票だったりするんじゃないかな。
パチンコの競技人口は2009年時点で、1720万人。
とてつもない数だ。
何せ、東京都民全体より多い。
…有権者が大体6000〜7000万人前後だとすると、
その4分の1程度だということだ。
…まぁ、禁止なんてできないわな。

だから、終局的に言えば、
民意を反映しているといえなくもないわけだ。
それが国民のためになるかどうかは別として、ね。
…個人的には、パチンコを風俗店から公営企業にしてしまうのが、
一番なんじゃないか、と思う。
極端な利益追求にさえ走らなければ、
もうちょっと何とかなるんじゃなかろうか。

…で、例によって北朝鮮や韓国への利益の流れが問題になっているが、
これもまた、公営企業にすれば解決するんじゃないかな、と思う。
だって、経営者が国になるわけだしねぇ。
※『(Wikiより)2011年現在のパチンコ店経営者の国籍は、韓国が5割、
日本が3割、中国・台湾が1割、朝鮮(北朝鮮)籍が1割であるとされる。』

…これもまた、結局韓国を追い出された韓国人経営者や企業が、
日本に乗り込んできたってことなんかね。
…要は、抑圧の結果ってことか。
…ってことは、日本を追い出されたら、今度はどこに行くんだろねぇ。
中国あたり?
…まぁ、ともかく、利権だけじゃなく、
ギャンブル関係の経営周りの実態を見直す必要はあるだろうなぁ。

石原慎太郎はなぜパチンコ業界を嫌うのか (主婦の友新書)
(パチンコといったら、石原さんが出てきますよね…何故か)

スポンサーリンク