[外交] 韓国や中国とは今後も敵対関係であり続けるべき。

不買運動の開始宣言=国民冷静、掛け声倒れも―韓国

ああいった国が隣にあるというのは良い事だ。
そうでなければ軍事分野に投資をすることもできないし、
それに付随して得られる副産物を得る事もできない。
具体的には、科学や化学、ついでにメディアとかもそうかな。
目の上のたん瘤が隣にいてくれるおかげで、
様々な分野への投資の口実ができる。

…こういっちゃなんだが、ライバルがいるから頑張る。
っていう理論と同じだ。
敵が近くにいるから、お金を使ってでも成長しようとする。
…反面、敵と必要以上に馴れ合おうというのはいただけない。
互恵関係はあっても、精神面の交流があってはいけない。
相手が困っていたら助けるかもしれないが、それだけだ。
特に国レベルの場合、同業他社とも言える関係だ。
同業である以上、敵対関係にあるが、
必要があればアソシエート(協力)する。

しかし、あくまで利害が一致したときだけであって、
利害が対立する以上、それ以上なれ合うのは得策ではない。
では、その社員間が親しく交流するということは、
果たして正しいことだろうか。
一見、問題無いように見える。

だが、機密事項については箝口令が敷かれているはずだ。
そして、相手が親しみを装って機密事項を訊いてきたとしたら。
…果たして、あなた(社員=国民)はどうするだろうか。
結論として、この場合も必要以上に親しく付き合うべきではない。
少なくとも、経営者はそう思っているはずだ。

勿論、そんなの社員の自由だろ、とも言えるだろうけれどもね。
…ただ、相手の会社と社員の意図を探る事だけは、
疎かにしてはいけない。そうも思う。是非に、ね。

<補足>
私の父と母は韓国ドラマが大好きで、
食事時などはずっと観ていました。
…正直、勘弁して欲しい。
まぁ自分が韓国を嫌いになったきっかけなんて、こんなもんです。

けれども、
「でも、日本の番組つまらんし」
…こういわれたら、何も言えなくなるっていうね。
まさに、何(なに)をか言わんや。
呆れる対象が、父母か、TV局か、自分かは、
…解りませんけどね。

日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか
(んー、見た目は同じなんですけどねぇ。やっぱ近親憎悪というやつですかね…)

スポンサーリンク