[外交] 韓国とは国交断絶すべき、的なね

対馬で盗難の仏像「返還ダメ」=地裁が仮処分、外交摩擦も―韓国
この手の議論がまた出るんだろうなぁ、と。
まぁ、別にこれらの議論に反対はしないけど。

大変ダァなぁ。
正直仏像なんてどうでも良いんだろうけど(国とか世論としては)、
単純に日本のものが奪われたというのが気に食わないんだろう。
まず重要なこととしては、法的には間違っていないということだ。
ゆえに現段階ではヒートアップしてはならない。

日本の法律では、
盗品を善意取得者(大きな過失無く知らずにいた第三者)には即時取得が成立する。
即時取得とは、誰の所有にも属していない物品を、
取得した原取得(例えば道ばたの石ころを拾った場合等)と同じ状態をもたらす事だ。
これは当然、悪意も過失も無く物品を取得した第三者を保護する為の法律である。
したがって、これが例え海外の事例であったとしてもこの行為(窃盗)が、
日本で行われている限りこれらの法律が当てはまる。

反面、占有を奪われてから1年間は占有回収の訴えを提起する事ができる。
占有の回収を奪われたのは2012年10月6日。
つまり、占有訴えの回収をすることができる期間だ。
したがって、日本の法を海外にも及ぼす場合、これは適切に処理する事ができる。

そして、この法律の適用を韓国が退ける場合であっても、国際司法裁判所等に届け出る事ができる。
是非とも、気持ちのはやるままに行動をしてはならない。それでは中国や韓国の一部の人たちと一緒だ。
例えば、力ずくでこの占有を奪え返そうとする。その場合、日本の法律では窃盗罪になるのだ。
法律は、このような力ずくの占有の回収を明確に禁止している。
(もっとも、現行犯で緊急を要するときなどはその限りではないが)

ゆえに我々日本人は法治国家として粛々と法律に紛争の解決を求めるべきだ。
韓国人や韓国本国を批難するのは容易いが、それだけでは何事も前には進まない。
…是非、良識のある言論を。

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 (光文社新書)
(法律って、難しいですよね)

スポンサーリンク